令和2年 靖國神社「秋の例大祭」に参拝!

スポンサーリンク
靖國神社参拝記
スポンサーリンク

この記事は、令和2年10月18日に行われた靖國神社の「秋の例大祭」に初めて参加、

右往左往しながら社会勉強した42歳男性の記録です。

その時の様子をお伝えしながら「ちょっと靖國神社に出かけてみようかな?」と興味を持って頂けたら、主としては望外の喜びです。

スポンサーリンク

今度は「秋の例大祭」!

8月15日終戦記念日の参拝、9月の参拝に続いて、10月も参拝させていただきました。

以前私に靖國神社を案内してくれた「大先輩」たちが毎月誘ってくれるおかげです。

自分一人だと、かなりの出不精である私ですけど

私だけでなく何人かで行けると、皆さんにまたお会いしたい気持ちにもなりますし、回を重ねるごとに色んな発見や、勉強になることもあるんです。

今回は秋の例大祭。靖國神社では、春と秋の2回例大祭が行われます。

例大祭では、本殿などに掲げられた幕(幕布)が白地から紫色のものに掛け替えられ、

二本の錦旗も掲げられます。

撮影:新日本帝國さん

荘厳な雰囲気の本殿に、さらに美しさと気品を添えています。

参拝を済ませて、境内を回ってみると盆栽や菊の花の展示もされていて、ちょっと賑やかな雰囲気もありました。

撮影:新日本帝國さん

天皇陛下の勅使がやって来た!!

実はこの日は当日祭。

一言で言うと、この日が主な儀式が目白押し!!

普段参拝する時には10時が定例なのですが、大先輩から「いいものが見れるから9時においで!」と今回は早めに靖國神社に来たんです。

この日は天皇陛下のお遣いである勅使が参向になり、天皇陛下よりの供え物(御幣帛)と御祭文(ごさいもん)が勅使によって捧じられ、奏上されます。

参加者の方と一緒に、神門から中門鳥居の中でその時を待っていると、

写真提供:Daizen Tiger Ogata さん

午前10時に太鼓の音がして、御幣物を運ぶ車が2台、神門に入って来ました。

車は神門を入って左側にある齋館へ。

撮影:管理者

そこから神輿に担がれて、行列が拝殿へと進んでいきます。

本殿の正面から、行列が入っていき

撮影:くろにゃんさん

しばらくすると、勅使がお戻りになり、儀式は終了。

1時間余りの儀式はこれが古式ゆかしい、というのでしょうか。

すごく雰囲気がいい。

しかし、アオバマークの私がアワアワ成り行きを見守っている一方で先輩方は、様々な撮影ポイントに分かれて、動画やら画像を撮影。

コレは儀式の後、勅使が出入りした場所へ御賽銭箱を戻す様子。貴重な写真です。撮影:くろにゃんさん

そうなんです。今回の投稿で使われている画像のほとんどが、先輩方からお借りしたものなんです。ほんと、こっぱずかしい!!

93歳のおじいさんのこと

その後、私たちも11時半からの正式参拝に参加しました。

正式参拝は、拝殿に入ってお参りをするのですが、たまたまご一緒したのが93歳のおじいさん。

階段に難儀されているご様子で、同じ世代の亡き祖父のことが思い浮かんで、余計なことなんですが、お手伝いをさせていただきました。

おじいさん曰く、ご兄弟が戦死されて今日は頑張ってお参りに来られたとのこと。

私も、顔も見たことない大叔父が靖國に祀られているんで(乗ってた船が撃沈された、というのも似てる)なんかシンパシーを感じてしまいました。

そして、こういった例大祭では、田母神俊雄元航空幕僚長など有名人があちこちに。

リアル田母神さんは、意外なほどに小柄で穏やかな雰囲気を持つなんとなく「優しいオジサン」でした。先輩たちの記念写真にも快く応じていました。

当日参加していたとある先輩は、元上司とだったせいか、ものすごい緊張して記念写真に納まっておりました。

【関連記事】

ドキドキっ!初めての靖国神社参拝!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
靖國神社参拝記
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました