「ゴールデンウイークに簿記を勉強しよう」と思い立つ

スポンサーリンク
44歳で、ゼロから簿記を始めてみた
スポンサーリンク

コロナがあるし、今年のGWも引きこもり強化状態になりそうな私。

正直、ウチにいても本読んでるか、酒飲んでるかなんで、なんか課題を持って休日を過ごしたいな…と考えてしまうものでして。

何しろ、人生44年も経ってみると、代わり映えのしない毎日ばかりで、

なんか新しいことを学んでみたいと。

スポンサーリンク

6日間で何か勉強できるもの、ないか??

とはいえ、無限に引きこもれるなら学問の探求にいそしめるのですが

当方、働かなくては食っていけないので、賞味8日のGWでサクッと何か勉強はできないかと考えてみたわけです。

そうすると「簿記3級」が学習時間が100時間ということなんで

一日12時間やれば良くね?と。

頭にアルコールを入れるよりは、知識いれた方が体には良さそうだし。

善は急げだ!と、早速、Twitterで宣言!!

「GWは簿記をやるぞー!!」って。これで逃げられない(笑)。

フォロワーさんから情報提供、続々!!

そうしたら、フォロワーさんたちで、経験者から情報提供が続々と寄せられました。

まずはおススメのテキストとその使い方。

ちなみに、経験者のおすすめはこちらだということです。

「ビジネスに役に立つよ!がんばれ!!」という温かいご声援も頂戴しました。

また、自分でも何か準備するべく…

取りあえずYouTubeで評判のいい「簿記3級の動画」を探しまして、イントロダクションをはじめましたよ

これが、結構わかりやすくて面白い。

この人のテキストがAmazonプライムで無料で読めるんで、早速kindleに確保。

明日から通勤時間に読んでみよう、と思っております。

昔、手も足もでなかった「借方」「貸方」をまず、攻略。

で、はじめてみたのですが、実は簿記「やってみようかなぁ」と思ってはいたのですが、

借方、貸方という言葉がどうしても分からなくて、入り口でUターンした経験があります。

ただ、今はというと髙橋洋一先生の本を読んで、なんとなーくどういう意味かが少しずつ分かってきましたし

【関連記事】

政府のBSを作った高橋洋一さんが教える「数学アタマ」のつくり方
高橋洋一さんの「武器になる数学アタマのつくり方」は数式をできるだけ使わず、会計、経済、確率、統計のエッセンスを学べます。専門的な知識未満でも、よりよい生き方、考え方を学べる、文字どおり『武器になる一冊』です。

この本がきっかけで自分でも会社の決算書を読むようになって

「ああ、決算書ってこういう意味なんだ!?」と思うことも増えたせいか、

決算書を作る「文法」簿記も割と「あれ、面白いんじゃない?」と感じるようになってました。

この「数学アタマのつくり方」では、「用語を学ぶ際は、深く考えず読み方をまるっと覚えるのがコツ」と書いてあり、

それに従って、借方、貸方を指差し確認で確認し、

「決算書は数字を音読するのが大事」とあったので、簿記のテキストもそのようにやってみたら…

あ、結構分かるぞ!?と以前にない手ごたえを感じました。

なにより、新しいことをやるって、面白い!!久しぶりに気持ちが前向きになれそうです!!

簿記はビジネスでも、あるいは投資でも結構知ってると役に立つので、今年のGWは「簿記知識の学習」に力を入れたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
44歳で、ゼロから簿記を始めてみた
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました