油を使わず、低カロリーのオカズ!炊飯器で作る「筑前煮」が美味い!

スポンサーリンク
ダイエット
スポンサーリンク

この記事ではYouTubeチャンネル『マッスルグリル』で、紹介されてた炊飯器で作る筑前煮を5合炊き炊飯器で作ってみました。

材料と調味料を入れてスイッチオンなだけという超お手軽ながら

炒めたりするのに油を使う必要がなく

実は超ヘルシーなおかずなんです!

スポンサーリンク

【材料】

ダイコン…1/2本

ニンジン…1本

ゴボウ…1/2本

椎茸…6個

鶏むね肉(皮を剥がしたもの)

コンニャク…1枚

醤油…おもむろ

リンゴジュース…250cc

ほんだし…6グラム

水…150cc

【クッキング・スタート】

まずはでーこんですな、皮を剥いて一口大に切って、炊飯器に入れます。

 

続いては、ニンジン。

これも同じくらいの大きさにしてポン!と。

 

で、続いてはゴボウですね。

ねじり切りして入れます。

 

次はシイタケですね。

石づきは切り落とし、

傘に×の隠し包丁入れとくと「なんか料理できる人」だと思いません?

 

そして、鶏むね肉。一口大に切って、片栗粉にまぶして入れます。

 

片栗粉をまぶすと、鶏肉がすごーく柔らかくなりますよ!

この一手間で美味しくなります。

で、スプーンでそぎ切りして、軽く茹でたコンニャクを投入!

その後、リンゴジュース、醤油、ほんだし、水を加えて

 

あとはスイッチオン!

これで味がよく染みた美味し〜い筑前煮の出来上がり!!

炊き上がりのピーピーが鳴ったら、かき混ぜて2、3時間置くと更に味が沁みます。

【食べてみた】

 

で、早速試食。

炊飯器って、焦げずに食材にジワジワと熱と味を染ませてくれるのでスゴく美味しい!

あと、形崩れもしないし。

甘み付けにリンゴジュース、というとギョッとする人いるかもだけど、これがすごく優しい甘さになっていいです。

甘味付けのリンゴジュースの優秀性についてはコチラから。

鶏肉はホロっホロ。保温モードのままだと、これが更に過熱されてボロボロになってしまうんで、

タッパーかなんかに入れておいて食べたい分だけレンチンすると美味しいですよ!

【実はカロリーが超少ない健康食】

この筑前煮、鶏むね肉とリンゴジュースで500キロカロリーくらい。

普通の鍋で作ると、材料を炒める油も入るけど、これはそれも入っていないので

スッキリとした味わいに仕上がります。

材料のダイコン、ニンジン、ゴボウ、シイタケ、コンニャクなんてカロリーは知れたもの。それでお腹いっぱい食べられる!

これ作ってたシャイニー薊さんも言ってたけど

パサパサの胸肉とブロッコリーみたいな『ビルダー減量食』と比べても栄養価的に大差なく、実は美味しい!というお得な一品です。

「食べ過ぎたなぁ」って時に作ると美味しくカロリーコントロールできますよ。ぜひお試しを!!

【関連記事】

指原莉乃さんも注目!?シャイニー薊さん考案の究極減量食「沼」を作る

究極減量食シリーズ~「セメント」を再現

まるでリゾット?究極減量食「マグマ」を作る

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました