上尾市のカレースパゲッティの店に入る

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

私、仕事柄地元を回ることが多いのですが

そんな時に偶然、上尾市で気になるお店を見つけてしまいました。

カレースパゲッティ、ですか。のぼりにはそう書いてあるけど、見た目は食堂っぽいですな。ちょっと面白そう

ところが、近くに駐車場らしきものがなく、先を急いでいることもあってこの時はスルー。

そして週末。車に乗ってブラブラしてたら、この店の前を差し掛かりましてお店の名前が「ひろの」というお店だと分かり…

近くのセブンイレブンでネット検索したら、もうすぐお店の開店時間。

そんじゃ、早速…とお店に行くことにした次第。

スポンサーリンク

駐車場は神社の境内、店内もワクワクな感じが…

で、ネットで調べたら個々のお店の駐車場は店の並びにある稲荷神社に停めていいとのこと。

面白いな、と思いつつ神社に停めて、お店のドアをガラガラと。

店内はテーブル席が3つくらいの小さな店内で、店のマスターから「初めての人だね?何見てきたの?」といきなり質問されました。

なんでも、お店のお客様のほとんどが常連客なんだそうで。「カレースパゲッティが気になって仕方がないから来た」と話すと

カレースパゲッティがどんなものなのか、とかトンカツを乗せた大谷スペシャルがあるよ!!と色々教えてもらい。

「んじゃ、大谷スペシャルで!」と注文。

オープン直後だったので、店内は私一人の貸し切り状態に。その間、マスターの上機嫌なトークを楽しみつつ、店内をぐるりと見まわすと…メニューの一つ一つに「キャッチコピー」が書いてあり、それが壁面を埋め尽くしています。

思わず「写真撮らせてもらっていいですか?」と聞いたところ、快くOKをいただきました。

聞いたところ、常連さんの声で新メニューになったものも多く、常連さんのお名前もチラホラ使われてて面白い。

マスターさんはとにかく話好きで、いろんなことを話してくれましたよ。

お店がオープンしたのが10年前。

お店の位置が分かりづらいこともあって出前を始めたら大成功したこと。

新しいメニューをドンドン試すタイプで、秩父のカレースパゲッティをマネして、北海道のカレースパゲッティを知ってる人に食べてもらって、ヒントをもらった話。

あとは、マスターが故・野村克也さんの母校、京都府立峰山高校の出身で、向こうでは小中学校のように近くの高校に通うので、トップは東大を目指すんだよ、とか。

仕事柄ひとり飯には慣れているものの、こうやって話しかけてくれる店長さんって珍しいし、またそれがしつこすぎず、楽しく会話が楽しめるレベルなのもここちいいですよね。

想像通りの旨さ!カレースパゲッティ

そんなわけで、カレースパゲッティ大谷スペシャルが完成!!

カレースパゲッティ大谷スペシャルA(880円)

カレースパゲッティは、茹でた面にカレーをあらかじめ和えてなじませて、さらに上からカレーソースをぶっかけるのが流儀なんだそうですよ。

味は…想像通りうまい!

カレーはスパイシーなんだけど、野菜がたっぷりルーに使われているせいか、辛さはそんなに強くない、いやむしろ甘め?な感じです。スパゲッティは細目の麺を使っている気がします。

これが、トマトっぽくないミートソースみたいな感じで合ってる

トンカツも入って二刀流!だから大谷スペシャルだそうですが

カレーとトンカツが相性バッチリなのはカツカレーでも証明済みでこれも美味しい。

カレーもスパゲッティもトンカツも、想像通りだけど、何となく私のような欲張りの食いしん坊が「ええいやっちゃえ!!」と無理くりにまとめてみたら

「あら不思議、案外美味しいじゃない!?」という感じに。面白いねぇ。

もうちょっと長居しようと思ってたけど、次のお客様が入ってきたので邪魔にならないように帰りました。

マスターは「なんでも作ってみちゃう」タイプの人らしく、今治焼肉丼もイチオシだとか。

帰りには奥様?からチラシまでもらって、「じゃ次は今治焼肉丼を食べてみようかな…」と早くも次回来店を考えちゃったりして…

で、今治焼肉丼を食べてみた…

日本テレビ系のバラエティ番組『ザ・鉄腕DASH』で2年ぶりの0円食堂で、「今治焼肉丼」紹介されていたのを見たブログ主。

「ひろの」にあったじゃん!!

早速来店しましたよ。

埼玉県上尾市「中華ひろの」の今治焼肉丼

今治焼肉丼640円。お味噌汁ついてこのお値段はリーズナブル!

マスターは相変わらず、お話し好きで面白い。

このお店の焼肉丼は、ラーメン鉢にご飯をよそり、チャーシュースライスをトッピング、目玉焼きをオンしてネギと刻みのりをたっぷりと…といった感じ。

食べてビックリ、チャーシューが旨い!!

なんでもチャーシューは作りだめしないで、味が落ちる前に使い切るのがお店の流儀だそうで。豚の角煮よりも歯ごたえがあるが、ボソボソしてなくて「肉を食べてるっ!?」という満足感がガッツリ味わえる、といったところ。

マスターいわく「ウチで一番人気がある」というのも納得!!

チャーシューが出来立てだと、もっとおいしくて、常連客は「チャーシューが出来立て」と聞くと、「やった!!」と大喜びするんだとか…

そんな「中華ひろの」の詳しい情報はこちらから。

【関連記事】

↑上尾運動公園の通りにあるラーメンマンの店に『名物とつげき丼』を食べに行った話です

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
雑談
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました