中学レベルだからこそ、丁寧に単語を調べる!

スポンサーリンク
音読500回プロジェクトリターンズ
スポンサーリンク

中学3年で使う英語教科書を音読していると、意味は分かってもどんな違いがあるのか、そこまで考えちゃうことが良くあります。

今日音読したのは、海洋のプラスティックごみを取り上げた PROGRAM6”The Great Pacific Garbage Patch” でした。

ここで、ゴミは大体 garbage で表記されているのですが、たった1ヵ所だけゴミを trash で表現されているところがあります。それは80ページの

The cleanup system Boyan invented collects plastic trash in the ocean.

の一文。なぜか、ここだけが trash を用いています。

スポンサーリンク

意味なら分かるけど、ではなんか違いがあるのか!?

一応私も大学受験を通って現在に至っておりますので、garbage も trash も「ゴミ」を表していることは秒で分かるんです。

だけど、最近年齢を重ねたせいか、どんどん疑り深くなってまいりました。

「もし、ゴミだけならどちらか1語あれば足りるだろうに、なんで2語を使っているのか?なにかニュアンスに違いでもあるんじゃない?」と。

そんなわけで、音読をやってるときに、教科書の片隅にこんな書きつけをしておきました。

trash と garbage のちがいは?

そして、音読が終わったら早速手持ちの電子辞書を引いてみたのですが、該当する記述がありませんでした。

そんなわけで、近くの図書館にある辞書も使って、疑問に答えてくれる記述を探します。

ウィズダムに該当するか所を見つける

すると、蔵書のウィズダム英和辞典4版(2019年)に、このような語法解説がありました。

garbage は(主に米)で、特に台所で出るごみ(生ごみ・空き 缶・空き容器など)を、

trash は (米)で、部屋で出る乾燥したごみ(紙くず・包装紙・ダンボールなど)を主にさす。

rubbish は (主に英)で、garbage, trash を含む身の回りのごみ・くずをいう。

litter は道路などの公共の場に散乱したごみ・くず。

waste は一般[産業]廃棄物・排水・排泄(はいせつ)物といった不用になったものをいい、時に再利用もされる。

refuse は((かたく)) で、家庭ごみから事業系ごみまで廃棄物を広く意味する。

これを読んでいて考えたのは、この教科書の英語は米語を使っているなということと、ゴミでもニュアンスによって garbage や trash だけじゃなく、rubbish、litter 、waste、 refuse などもあるんだな、と。

この英文で使われるゴミだと、garbage と trash の両方が関わりそうなので(例えば空き容器ならgarbage だし、タバコの包装フィルムなんかは trash に当てはまりそう)なあいまいな概念なんで

一応、使えるよというサインがわりに trash の単語も混ぜたんかなぁ、と。

必要な部分だけを教科書に抜き書き

で、大変勉強になった項目なんですが、とりあえず教科書には最低限の記述だけをいれることにします。

さっき書き添えた疑問をいったん消して…あらたに辞書で調べた内容を書き加えました。

rubbish は教科書には入っていない単語ですが、イギリスでは両方を兼ねるとあるのでそこを意識するために追記。

教科書の余白は全部書き込むには狭すぎますが、これでもまぁ必要十分な内容かなと思いまして。

こんな感じで、中学校の教科書を自分なりに深堀りをしています。

【中3英語を只管朗読!音読500回プロジェクトリターンズのバックナンバーは↓から】

音読500回プロジェクトリターンズのバックナンバーはこちらから

音読500回プロジェクトリターンズのバックナンバーはこちらから

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
音読500回プロジェクトリターンズ
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました