家づくりサイトがエ◯ブログになってた話

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク

家づくりの情熱迸る素晴らしいホームページのアドレス

先日のこと。

私はふと、昔の取引先のホームページアドレスを打ち込んでみた。

この会社、地元で何代も続く老舗で、社史から時代の空気が感じられたから。

数年前に破産申請をしているので現存しないのだが、家づくりに情熱を燃やす社長の気合いがあふれたホームページだった。

同社が無くなって、ホームページは消えた一方ドメインは、誰かが中古ドメインで取得したようである。

次は、独身男性のブログが

初めは、独身男性のものと思しき雑記ブログが入った。

・一人暮らしを始めたこと

・夕飯の買い出しでつい、お菓子を買ってしまいちょっと太ったこと、など。

このブログはなんだろう、と見ていたら。いつの間にか、更新が滞るようになった。

私もどマイナーなブログやっているから分かるけど、ブログって続けることが一番大変なんですよね。

この方も、更新を続けることに苦痛を感じるようになったらしい。

今度は「アートメイクの基礎知識」

そこで、このことを忘れていたのだが、2、3年前に改めてアクセスしてみると

「アートメイクの基礎知識」という全く別のサイトになっていた。

このサイトもそんなに更新が続かなかった。

内容的には、いわゆる総論が多かったので、中身を深めていくことが出来なかったようだ。

今度は…なんじゃこりゃ!?

そして、今回…またふと思い出し、アドレスを打ち込んでみたら…

今度は、ネットにある無修正動画をいかにいいものかとか、個人的な性癖がツラツラ書かれているブログに変わっていた。

開設半年に近づいているにもかかわらず、広告などの貼られていない素っ気ない作り。

私も一応男ではあるので、この手のサイトをたまに見るのだが、フツーならストリーミングサイトのリンク貼ったり、それに偽装した広告貼ったり、そうでなくてもうざったい位の広告が出てくるもんだが…

このサイトはアイキャッチの画像以外は、全部文字という、気合いの入ったページだった。

文字から放出される異様なパトスに私は軽く目眩を覚えつつ…

ブラウザをそっ閉じしたのは言うまでもない。

それにしても、である。独自ドメインを(中古とはいえ)取得するってのは面倒臭くて、かなり大変なものだ。私も一応、自分のブログに広告を貼ってるけど、コレで収益が得られるかと言えば、ちょっと心許ない。

何しろ、更新にかかる費用で売り上げ全部飛ぶんだから。儲からないよ、全然。

にもかかわらず、このドメインを使う歴代ブロガーは広告を一切貼ることなく、

独身男性の暮らし→アートメイクの基礎知識→私小説的な性癖の暴露

と我が道を貫いている。ある意味「スゲェなこれ」と、このドメイン観察を続けていくことにした。

問題は別にあった

まぁ、サイバーな空間は違法行為でなければ情報を開示することも、個人の好みを心ゆくまで書いても、一向に構わない。

本来そう言うアナーキーな空間がブログの世界だと、私も思う。

思う、のだが…私の頭の中には別の問題が湧き上がってきた。

このホームページ(初代)はあっちこっちのサイトにリンクを貼られていたことを思い出したのである。

で、かつてのホームページを運営していた屋号で検索したところ、

リンクがいくつかあることが分かった。

リンク先はもちろん、トップページ。で、リンク元はこのページを消すことなく、自社のPRに使っていた

万が一、である。もしも、だよ?

リンク元(すごーく真っ当なところ)からリンクが貼ってあって迷うことなく飛んでみたら…私小説的(自主規制)なサイトにばーん!と、たどり着いたら…

それってリンク元が潜在的な顧客失うことになりはしまいか、といらぬ心配をしてしまうのである。

あと、このブログも

I’d like to study (勉強したい)をドメインに使ってるんで、もし私が放棄して

アダルトサイトなんかに使われたら微妙なことになるなぁ、と。

ブログ、やめられないな(´・ω・`)

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
雑談
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました