DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる (section 24編)

DUO3.0英文解説

3連休最終日。さぁ、DUOの英文解説を進めていきましょう!

283.Bob had intended to take her out tonight,but he had to work overtime.

カンマの前後で明確に時間差を表現するために、

Bob had intended to take her out tonightと、have 過去分詞が使われています。これは過去の過去を表す「大過去」の表現です。

また、but he had to work overtimeから、これがよそから命じられたもので、「仕方ねーなー…」って意図が込められていることが分かります。

286.He pretends to be enthusiastic when his boss is around.

中1から習っている「現在形」ですが、意外に正確に説明できる人って少ない。

法則や習慣などを表すもの、という基本的なことがらを理解すると、英語がより深く理解出来ると思います。

ここでは、彼は上司の前では熱心なフリをする癖がある、と分かります。常習犯です(笑)

この辺が動作の途中を表している現在進行形との違いが分かると思います。そして、このような考え方は、自分で文章を仕立てる時に役に立ちますよ。

292.The authorities are striving in vain to stabilize the currency.

否定文のニュアンスを持ちますが、not が使われていないという、一読しても分かりづらい文です。

The authorities are striving (in vain )to stabilize the currency.

カッコ内を外すと、当局が通貨を安定させようとした、という意味になります。

しかしながらin vain を見つけたら、あー上手くいかなかったんだ、ダメだったんだと分かります。

ポイントはやるにはやったのだが、やったことがムダだったというニュアンスになることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました