DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる (section 24編)

スポンサーリンク
DUO3.0英文解説
スポンサーリンク

この記事では、DUO3.0の英文の中でも、読みにくそうなものを解説します。

今回は section 24 の英文を。コメント欄にリクエストがあれば英文を随時加筆し、記事を修正しますので、お気軽に声を掛けて下さい。

スポンサーリンク

283.Bob had intended to take her out tonight,but he had to work overtime.

カンマの前後で明確に時間差を表現するために、

Bob had intended to take her out tonightと、have 過去分詞が使われています。これは過去の過去を表す「大過去」の表現です。

また、but he had to work overtime から、have to は外部的な要因から「しなくてはいけない」意味があるので、

これがよそから命じられたもので、「仕方ねーなー…」って意図が込められていることが分かります。

286.He pretends to be enthusiastic when his boss is around.

英文法では中1から習っている「現在形」ですが、実は意外に正確に説明できる人って少ない。

法則や習慣などを表すもの、という基本的なことがらを理解すると、英語がより深く理解出来ると思います。

ここでは、彼は上司の前では熱心なフリをする癖がある、と分かります。常習犯です(笑)

この辺が動作の途中を表している現在進行形との違いが分かると思います。

例えば「私は英語を勉強しています」という文章を上げてみましょう。

これが、習慣として英語を勉強しているのであれば

I study English. になります。

一方で、リアルタイムで英語の勉強をしている、という意味ならば

I am studying English. となります。

日本語訳に引っ張られず、イメージで考えるのは、自分で文章を仕立てる時に役に立ちますよ。

292.The authorities are striving in vain to stabilize the currency.

否定文のニュアンスを持ちますが、not が使われていないという、一読しても分かりづらい文です。

The authorities are striving (in vain )to stabilize the currency.

カッコ内を外すと、当局が通貨を安定させようとした、という意味になります。

しかしながら in vain を見つけたら、あー上手くいかなかったんだ、ダメだったんだと分かります。

ポイントはやるにはやったのだが、やったことがムダだったというニュアンスになることです。

DUO3.0はネイティヴの英文を通して語いを強化できるというのが最大のポイントなんですが、文法の解説はほとんどないので、自分の英文法の知識を応用して文のイメージを掴んでいくと役に立ちます。

その他、この教材を上手に使う方法とは?をあれこれ書いた記事を集めた『DUO3.0を50周してみた』は結構人気があるので、お困りの方はぜひ参考にしてみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
DUO3.0英文解説
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました