DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる(section 40編)

DUO3.0英文解説

この記事は、DUOの読みにくい英文を解説しています。今回は section 40編。もし、気になる英文がなかったらコメント欄にリクエスト下さい。

480. This magnificent cathedral dates back to the Middle Ages.

現在形を使うのは、「今から」遡るからですね。

the Middle Ages は西暦1100年〜1500年くらいのヨーロッパを指す言葉であることに注意。教皇権が王権と激しく対立し、ルネサンスが始まるあたりのイメージでしょうか?

日本史にも中世という分類はあるのですが、日本の中世はmedieval Japan と表記します。

コレは社会の変化が西洋と他の国では違うので、こういう表記になるということだと思います。

489. They proceeded along the steep path, which was the sole access to the border.

関係代名詞whichの手前にカンマがついています。それは継続用法と呼ばれるものです。

前の文を補足説明するために使います。

the sole access はに定冠詞であるtheが付くのは、sole(唯一の)という形容詞が付いているから。同じようなケースは形容詞の最上級、only, first, last, same などで、「限定」される形容詞が付いてる時に使われます。

490. When a big ape meshed from a cave, they got frightened and ran away.

get 形容詞は受動態の応用で、状態ではなく動作に変わります。

I am lost.(道に迷っている)

I’ve got lost.(道に迷ってしまった)みたいな感じです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました