中学校英語の音読で英語がむちゃくちゃ分かった!!

勉強のコツ

以前のエントリーでちょこっと書いたんだけど、30歳を過ぎてから中学校3年レベルの英文を1年かけて500回音読したことがあります。

やり方が良くなかったのか、英語ペラペラとはいかなかったけれど、得たものもそれなりにありました。

只管朗読で得られたものを列記して行きます。

①リスニング力がめちゃくちゃ付いた。

まずはリスニング。リスニングは『音読前』『音読後』とハッキリ分かれるくらい変わりました。

以前はリスニングは必死に聞き取っていて、少しでも気が抜けたら最後、雪崩のように理解が崩壊して収拾が付かなかったです。

只管朗読をしたら、付属の音声CDをマネして少しずつですが、似た音を出せるようになりました。リズムもある程度まで再現出来るようにもなりました。

そうすると不思議なもので、分からない単語は分からないですが、リスニングの速さに呑まれないし、聞き落としがあってもすぐ元に戻って残りを聞くことが出来る。

これにはビックリしましたね。

②英文解釈しないで、頭から英文が読めるようになる

昔大学受験の頃は、頭から英文を読むなんて出来ませんでした。文章の構成を理詰めで解釈し、カッコや矢印を付けてモッタラモッタラ読むしかなかったんです。

それが中学校英語の音読を繰り返したら、頭からズバズバ読める!

もちろん知らない単語は分からないけど、英文に対するカンが付いたので、分詞構文でも仮定法でもなんとなく意味がわかる。

英語学習者向けに語数制限された本、「ラダーブックス」というものがありますが、制限がかかっている分、基本単語を使い倒すため、「知らない単語はないのに分からない」となり思ったほど簡単ではありません。

でも、音読繰り返すとこの本はホント目からウロコが落ちたくらいスラスラ読める!

これには興奮しました!

③初めて見た英文もスイスイ音読できる

同じ英文を繰り返して読んでも、初見の英文だとどうだろう、と試してみたら自分なりに音読できました。

以前、近所に住んでたALTのネイティブにチェックしてもらったら「訛りがあるけどこれなら通じる」と言われて天に昇っちゃいそうなほど嬉しかったです。

とまぁ、音読の効用をツラツラ書いてまいりましたが、1つだけ注意したいのは、「常に音源に近づける努力はする」ことです。

以前、大勲位こと中曽根康弘さんがアメリカのテレビ番組に出演した時、「日本語って英語に似てるんだね」という声がテレビ局に多数届いたそうです。

中曽根さん、英語を話してたのですが笑。

タモリさんのデタラメ外国語はリズムとイントネーションがものすごく「それっぽい」のでネイティブが聞いても「ウチの言葉っぽいがなにを言ってるのか分からない」となるそうです。

我々としては、イントネーションとリズムを近づけることで、英語耳を付けて、お2人を足して、2で割るようなスタンスがいいんじゃないかな、と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました