いざ京都へ!明治天皇のお墓「伏見桃山陵」を参拝す!!

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

12月29日、早朝。私は、最寄り駅から東京行きの電車に乗り込みました。

目的は「明治天皇のお墓参り」!!!

以前、多摩にある、大正天皇・昭和天皇のお墓参りをして、「ぜひ次は明治天皇のお墓参りを!」

と祈念しておりました。

しかし、新型コロナウイルスの影響で、それもかなわず…

話が急に転がったのは、とあるTwitterのやり取りがキッカケでした。

スポンサーリンク

フォロワーさんに引っ張られ、京都行きの日程を決められる

明治天皇のお墓、正式名称は明治天皇伏見桃山陵(めいじてんのう ふしみももやま のみささぎ)、通称は伏見御陵。

伏見の名前が示すように、明治天皇が愛した京都桃山に御陵があります。

多摩の御陵は隣の東京都ですから、ウチのミラジーノを走らせれば、割と簡単にたどり着けました。

しかし、今回は京都です。京都。

…遠い。普段出不精で、思いつき、ものの弾みというものがないと

出かけることすらめんどくさがる私。

それが…今年の秋。

Twitterのフォロワーさんに、「実はそのうち明治天皇のお墓に行きたいんだけど…(京都だから遠いなぁ)」とスペース(Twitterの会話機能)でしゃべってたら

「いつ休みになりますか??」と前のめりの質問に。

そういえば、年末休暇は29日から…と話したら「みんなで行きましょう!ほかの方にも声をかけます!!」と

問答無用で、日時を決められました。

優柔不断な私にとって、願ってもない展開になりました。

Twitterのメンバーと初顔合わせ

東京からは新幹線に乗り、ジリジリしながら京都まで一直線。

他のメンバーは京都、東京、愛知…と各地から集合場所の地下鉄東西線、京都駅に向かっています。

私が遅刻したら、みんなに申し訳ない。「遅れるなよ!」の一念でした。

私が集合場所探しに難渋して、やっと到着したのが予定時刻の5分後。

メンバーはいつもスペースで音読会をしているフォロワーさんたちに、今回の発案者である

フォロワーさんのお母さんも含めた、計5人。

普段から声だけで会話していただけ会って、いきなり会話が弾む弾む!

そんな感じで東西線から、近鉄奈良線への直通電車の車中でもひたすら話し続け、すっかり意気投合

…で「伏見御陵前」駅に到着しました。

自動車社会を想定してない「伏見御陵」

で、駅を降りて左折し、15分ひたすら歩きます。

今回お邪魔する伏見御陵は、1912年に崩御された明治天皇のお墓なんで、自動車社会到来前に建設されました。

今でこそ、駐車場もあるようですが、それでも電車の便が非常によろしい。

そんなわけで、京都駅からまっすぐ向かうなら、電車が超便利なわけです。

そうこうしていくと、舗装された道から、砂利を敷き詰めた道が分岐します。

ココが参道のスタート地点となります。

多摩御陵に比べると、心なしか両端が低く、道の中央が高く盛り上がる感じがする道です。

それと、明らかに参道が多摩に比べて、長い。

あと、歩行が基本ということもあるのですが、傾斜がものすごいある場所もチラホラ。

群馬県と長野県の県境、碓氷峠には、明治天皇の全国巡幸の際に使われた

通称「御巡幸道路」という古道があるのですが、現在の道ならループでゆっくり坂をのぼる所を

もっと手っ取り早く傾斜を上がるような、そんな造りをしていたことを思い出しました。

そして、しばらく歩くと、杉やひのきがうっそうと茂る道から一気に景色が開けます。

でも、そこからすぐに御陵、というわけではなく、もうちょっと歩いて、やっと目指す明治天皇の御陵に到着しました。

明治天皇陵は、上円下方墳という、上が丸いドーム状、下が四角い台という構造になってます。

木製の柵が閉まっておりまして、昭和天皇陵や大正天皇陵と比べると、かなり手前でストップ(1月1日~3日は、この柵が開かれ、さらに近くで明治天皇陵を拝めるとのこと)になるんですが、

それでも、明らかに明治天皇の御陵の方が、大きい。

参考:大正天皇多摩陵

調べたら、明治天皇陵は一辺60メートル。大正天皇陵が同27メートルなんで、面積はざっと4倍。

遠目からも「大正天皇陵はお金がかかってる」と思いましたが

明治天皇陵はスケールから言っても、それをはるかに上回る規模でした。

で、同じ上円下方墳でも、明治天皇のアーチに葺いてあるのは、

「君が代」にも登場する、長い月日を表す「さざれ石」。

…さすが明治大帝。お墓もグレートだ。もう、心からしびれ切ってしまいました。

次いで、明治天皇妃である、昭憲皇太后の陵へ。

やっぱり、大正天皇妃の貞明皇后、昭和天皇妃の香淳皇后の陵よりも、立派でしたね。

ここまで来て、この敷地からほど近くに

平安京に都を移した桓武天皇の御陵、柏原陵もあるので、そちらも参拝。

うっそうとした森におおわれていて、時間の流れを感じました。

こうして、「無事参拝を終え」た…はずでした。

「石段、登りました?」

大いばりでTwitterに御陵の写真を上げて、

話が面白いフォロワーのお母さんとお別れして、フォロワーさんたちと豪華なランチに舌鼓を打ち

銀閣寺に行くはずが「カラオケ行っちゃう?」となり、

細かすぎて伝わらない懐メロ、コミックソング、一押しソングの大発表会で盛り上がり…

イタリアンとハイボールに酔いしれて、フォロワーさんとお別れのハグをして、

宿泊先のホテルでTwitterの返信を見てたら

あの石段、登ったんですね。スゲー。

とのコメントが(´・ω・`)。

…いけねぇ!忘れてた。

明治天皇陵の規模の大きさを示すのに、よく使われる230段の大階段。

ココを攻めずして、明治天皇陵参拝はコンプリート出来ない!!

そこで、同じホテルに宿泊していたフォロワーさんが「明日もう一回、明治天皇陵行こうよ」と助け船を出してくれたため

急遽2人で「明治天皇陵大階段アタック隊」が結成された次第です。

大階段にチャレンジするため、再訪問

翌日。朝食を済ませてベースキャンプであるホテルをチェックアウトした後

アタック隊は昨日の「伏見御陵駅」まで足を運び、同じ道を歩いていきました。

違うのは、砂利道の参道が近づいてきても、そこをスルーして

舗装された一般道を歩いていくこと。

つまりは御陵の敷地を迂回していくわけですな。

途中には勝負事の神社としても有名な乃木神社もあったので、

 

登頂成功の必勝祈願(明治天皇のお墓の階段を登るのに、必勝祈願として乃木希典に願をかけるのも、なんか変な話ですが)を行いました。

さて、乃木神社を出て、さらに進んで長い下り坂を下りていくと、さっき通り過ぎたような

車止めのある道に。

ここだ!と入っていきます。

そして、歩くこと、およそ5分。…ついに、アレが姿を現しました。

そういえば、フォロワーのお母さんが

「気まぐれでワンゲルに入ってた時に、ここでトレーニングやった」と辛い思い出を語っていましたが

それが全然大げさじゃない、この大階段!近づくほどに迫力を増してまいります。

で、階段までたどり着きますと、看板が…

「大階段を使ってトレーニングをしないでください」

…どうやら、お母さんみたいな人が、たっくさん、いたんですね(´・ω・`)。

で、改めて階段を見上げますと。

(;゚д゚)ゴクリ…、すごく…大きいです。

しかし「断じて行えば鬼神も之を避く」のたとえもあります。

時刻、午前10時37分。いざ!明治大帝に再びまみえるために、この階段を攻略せん!!

 

…なんて、かっこつけてはみたものの…

50段まではカウントしてたけど、もう息が切れるわ、ふくらはぎがピキッとするわ…

44歳、不摂生の極みを尽くした体には、長く険しい道のりであります。

…一方わたしよりもズッと年上のフォロワーさんは、すいすい階段を登っていく。

「若いって、なんだろう(´・ω・`)」と思わずつぶやいてしまいました。

そして、私の中のもう一つの属性?「高所恐怖症」が発動しそうなんで、後ろを振り向けない(´・ω・`)。

 

攣りそうになるふくらはぎをだましだまし、階段を登りつづけて、

乳酸がパンパンに詰まった足をはげまし

最後の一段を攻略。

そこにひろがるのは、昨日と同じこの景色。

同じ御陵なのに、なんかより、偉大に見える!!

これが大階段効果か!?

で、振り返ると…京都市内を一望できるこの景色が!

午前10:43分。なんと、無限に続くと思われた階段は、たった6分間の出来事だったと判明。

あと、撮影時に高所恐怖症が発動して、階段から10メートル離れた場所で、膝がガクガクしていたことをご報告いたします(´・ω・`)。

こうして、最後のミッション「明治天皇伏見桃山陵の大階段を攻略せよ」を無事達成し

攣りそうになる足を引きずりながら、昨日のルートをたどって、京都駅への帰った、とさ。

【関連記事】

明治天皇の「和む」エピソード集
この記事は、以前Twitterで投稿した「皇室の和むエピソード」から明治天皇のものを選んで投稿します。 これが、なんだか伸びに伸びて100を超える投稿になってしまい、ちょっとしたお遊びのつもりでやってたら結構なボリュームになっ...
明治・大正・昭和~立憲君主時代の天皇エピソードまとめ
この記事では、明治・大正・昭和の3天皇のエピソード記事をまとめて紹介します。 近代国家の立憲君主時代の3天皇ですが、個性は三者三様で、実に面白いです。 また、私自身色んな文献を読んでは新しいエピソードを発掘しているので ...

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったらTwitterリツイートやシェアボタンでの応援よろしくお願いいたします。

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
雑談
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました