エジプトの国民食コシャリをインスタントで食べてみた!

スポンサーリンク
カップコシャリうめー!雑談
スポンサーリンク

最近は、エジプト考古学者の河江肖剰さんのYouTube動画にハマってる私。

古代エジプトのコンテンツをここまでガッツリ見ているのは、何年ぶりなんだろう…

そんな中、気になる動画が一つありまして…

それが、河江さんが、エジプトの国民食「コシャリ」のインスタント版、カップコシャリを食レポする、というものだった。

これをとある夜中に見たんですわ。

そうすると脳内が「コシャリ、コシャリ、コシャリ…」とささやきかけてくる。

で、たまらず動画内のリンクに行きますと、12個入1200円(送料別)という超リーズナブルな値段に…

どうしたんだ!?と半歩引いて見てみると、賞味期限が1か月以上前に終わった品だった。

定価74%ダウンという超捨て値で「もってけドロボー」状態となっていたのである…

しかし、私はボーイスカウト活動で、日々社会奉仕活動に従事(嘘)していた時に

隊の備蓄で、賞味期限から2年以上経過した「乾燥ショートパスタ、チェダーチーズ味」を

嬉々として持ち帰り、全部美味しく食べたという

輝かしい(謎)経歴がある。

そもそも賞味期限とは、美味しく食べる目安であり、食えないもんではない。

そんなわけで「インスタント食品だし、問題なし」と12個セットひと箱をポチっとしたのであった…

スポンサーリンク

「カップコシャリ」早速食ってみた!

そしたら、早いね。木曜の夜にポチったら、土曜の昼にはもう届いた。

カップはかなり大ぶり。

早速包装を外して、蓋を開ける…んだが、蓋が固いぞ、これ…

中はこんな感じ。

カップの中には輪切り上になってるマカロニやレンズ豆、ちょろっとお米なんぞが入ってて

アルミ袋に入ったシーズニング、透明な大袋にフライドオニオン、小さな方にはチリパウダーが。

で、作り方を見ると、まずシーズニングだけ入れて、熱湯を注いで5分待つと。

シーズニングを入れて、湯を注ぐ、シーズニングは「カラムーチョ」の香りに似てて、実に私好み。

蓋を締めてふと見ると

Spoon inside と書いてあるのに気づいてギクッ!?

スプーン入ってたのかよ!?と慌てていたら、カップの側面に

フタにスプーン入りの記載がありますが、日本への輸入品にはスプーンは入っておりません。

と書いてあって、ホッとした。

しかし、このどことなく間が抜けたクオリティは、さすが細かなことに動じないエジプトの気質が反映されて…いるのだろうか。

そして、5分経過したら、フライドオニオンをドバっと投入…したいが、袋が固くて空かない。

日本の袋と違って、切れないのである。それでも、気合で開けて、ドバっと投入。

コレをよーくかき混ぜて、喰う!!

トマトの香りがして、なんか不思議だが、クセになる味わいである。

だが、なんか一味足りない。

ここはチリパウダーを投入だな、と袋を開けようとしたら…(以下同文)。

あと、チリパウダーが固まってる。開ける前に袋の上からもみほぐしてパウダー状にしてから

開けて、投入!

すると、味がよりスパイシーになり、おおっ!?旨いじゃん!!

公式サイトのおススメで味足し

で、公式サイトを見ていたら…

ご自宅にあるレモン果汁+酢+おろしニンニクを混ぜ即席で酸味ソース[ダッア]を作って、かけながら食べることでより美味しさが引き立ちます。

という表記があったんで、とりあえず自宅にあるニンニクチューブを出したものに

お酢を混ぜて、「なんちゃってダッア」を作り、ちょっと混ぜてみる。

うお!酢とニンニクが加わることで、さらに日本の味からは遠ざかったけど、これはこれでムチャクチャ旨い!!

そんなわけで、あっという間に完食。

腹持ちは…そんなにいい感じはしないなぁ。河江先生も、「コメが少ない、安いコシャリに似てる」と言っていたように、ご飯が少ない。

あとは、豆類だと、レンズ豆がガサっと入ってたけど、(個人的に好きな)ひよこ豆はあんまり入ってなさそうだ。

まぁ、それなら自宅の炊飯器でご飯とひよこ豆炊いて、カップコシャリをぶっかけりゃ

弱点を補強できまいか?とつい、思ってしまった。

でも、これ、美味しいですね。日本のメーカーがハラールとか、ビーガンとか無視して

商品化したら、より日本人好みのカップコシャリ、作れるんじゃない?

バカみたいに韓国食品推すよりも、コシャリ作ろうぜ、コシャリ!!

それにしても最初12個買って食い切れるかな?と思ってたけど、案外簡単に食べきれそうだし、私は気に入ったなぁ。

肉とか入ってないけど、十分満足できるし。量の割に軽いから、サクッと食べられる。

興味のある方はぜひ、お試しあれ!

ホームページはコチラから

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったらTwitterリツイートやシェアボタンでの応援よろしくお願いいたします。

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
雑談
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました