「リスニングがダメ」な人がやるべきこと

Pocket

私の仕事は外回りがメイン。車中ではAMラジオがお友達です。

で、ラジオをつけっぱなしにしているとよく流れてくるのが、『聞き流すだけの英語教材』です。

私、このCMが流れるたびに嫌な気分になります。

というのも、購入者は「これでリスニングが良くなれば」と大枚をはたいた挙句、成果も上がらずに終わるんだろうな…と思ってしまうからです。

リスニング改善に試行錯誤

そんな私だって偉そうなこと言えるレベルじゃない(何年か前に受けたTOEIC705くらい)けど20年ほど英語を独学してます。

これだけの間には、色んな教材を購入しては試してきました。

ざっと並べていくと…

様々なジャンルの原書、AFNと商品化された録音テープ、CD、アルクの1000時間ヒアリングマラソン、NHKのラジオ講座、などなど…

そりゃもう、今以上に英語のリスニング、熱心に取り組んでいました。

当時は「いつかは英語を使う仕事をしたい!」と思ってましたし。

夜中の静かな時にやったらよく聞き取れるかなと、リスニングをしてたら、カセットテープを止めたり戻したりがあんまり多かったもので、

カセットテープを動かすガチャガチャ音で両親から「やかましい!」と苦情が来るくらい(一応言っておきますが、実家は一戸建てです)でした。

しかし、悲しいかな。

いくらCDラジカセで繰り返し聴きとるだけトレーニングをしてもしてもまぁ、悲しいくらいにリスニングが伸びませんでした。

しからば、と様々な英語学習本を読み、「これはいいんじゃないかな?」と思ったものは片っ端から試したのですが、リスニングは相変わらずよく分からない…

時間とお金(具体的にはウン十万円くらい、8年ほど)をドブに捨てることに…

あー、もったいねー笑

リスニングで大事なのは「耳」だけではなかった!!

そんな中…

ALTをしていた近所のネイティブに英会話のコーチをしてもらったことがあり、そこで発音(LとR、BとVなど)を教えてもらった辺りから風向きが少しずつ変わり出しました。

彼が帰国するまでの3ヶ月ちょっとの間発音の矯正をしてもらい、彼が帰国した後は、発音の仕方が書いてある『英語耳』という本で発音を勉強しました。

『英語耳』で発音を確認し、その音が分かると実際の英文を発音する練習に取り掛かりました。

具体的には当時やっていた中学校の英語教科書の音読の際、発音をネイティブに教わった音に発音出来るように「置き換え」をしていく作業です。

最初は結構大変でしたが、Lの発音はLに、Rの発音はRにという風にキチンと音読するようにしました。

そうすると、聴く方でも改善が見られてきました。

発音を鍛えるとリスニングが改善する

リスニングで重要だったのは、

実は自分で発する発音とリズムであり、ただ聴くだけではなく、「実際にマネをする」訓練を徹底的に繰り返すことでした。

その後、中学校英語の教科書を500回音読した際に英語のリズムをなんとなく体得できたと思います。

発音とリズム改善に強力な効果を発揮したのは、誰もが手にとっていた英語教科書のシンプルな英文でした。

これをネイティブの発音に「出来るだけ近づける」ことを目標に、一冊を読み込み、付属のCDを聴きまくり、CDの発音をマネしまくりました。

そうすると、リスニングがゆっくり話しているように聴き取れ、力が付くのが分かりました。ホント劇的に。

これまでの「カメの歩み」のようなリスニングトレーニングはなんだったんだ!!っていうくらい。

そんなわけで、私…リスニングが苦手な方にはこの教材を試してほしい。

英会話・ぜったい・音読 続入門編

やり方はこの本の冒頭に書いてある(最初にしっかり読んで、我流にならないようにしてほしい)ので、それを守って、とりあえずこの一冊を指示通りに仕上げたら、間違いなく力が付きます。

ポイントはまず、CDの発音に自分の音読を近づけよう近づけようと練習することです。この本を仕上げてまだ、発音が気になるようなら発音に取り掛かってもいいと思います。

3ヶ月練習したら手ごたえを感じるはずです。お困りの方はぜひ、お試しあれ!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す