北本市『謎の麻婆豆腐屋』に行ってみた

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

本日は振替休日で、午前中は普段の疲れからグッタリとしていました。

最近、体力がドンドン落ちていて、生命力も衰えがちです。

こういう時は、体にガツーンと来るもので、生命力を。

そんなわけで、ずーーーっと気になってた、埼玉県北本市の『謎の麻婆豆腐の店』に行くことにしました。

通るたんびに、パンチの効いた外見に圧倒されていた店が、こちら…

恋人は麻婆豆腐」…ユーミンか!?

11:30の開店と同時にお店に入ると、早くも客は5人くらい入ってて、開店前から並んでた模様。

とりあえず入って右手にある券売機でメニューを選ぶんですが、とりあえず

麻婆豆腐とライスのみの『麻婆コース』880円をチョイス。

辛さは選べるので、とりあえず店主おススメの2辛を選択。

で、しばらく店内をうかがっていました。

店内はカウンターだけで、店主一人のワンオペで切り盛りしています。

店主のポジションには、正面に大型の中華鍋、左手にさいの目に切った豆腐を入れておくスペース、その隣に豆腐をゆでるスペースがあり、

右手に調味料(多分ひき肉とか、豆板醤を炒めたザージャンじゃないかな)がある。

手の届くところに炊飯器があり、と専門店ならではの効率性重視の作業スペース。

で、このお店、麻婆豆腐を人数分、中華鍋で一気に作る!

辛味は、というと丼に麻婆豆腐を盛りつけた後、一味唐辛子、ラー油、花椒を振りかけるときにその量で調節する模様。

それで一人ひとりの調理時間を短くして、一気に提供できるわけね、と納得。

で、出てきたのがコチラ。

おお、これはうまそうだ。…でも、辛くないかなと最初はオッカナビックリでさじを付ける。

あれ、そんなに辛くない?

ラー油は辛さというより、ゴマ油の香ばしさや柔らかさが前面に出てて、味はマイルド、

一味や花椒も、ずきゅーん!という辛さではなく、マイルドにじんわーりくる感じ。油膜が浮いてるから脂っこいかというとそうでもなし。

物足りない人は花椒のボトルがあるので、コレを振りかけて辛さを調整するらしい。

うんめ!と食ってると、私より先に入った人が退店して、すかさず次のお客さんが。

すいません、まだ正午を回っていませんが??

お店の看板に「店主は話しかけません」とわざわざお断りを入れてた理由が分かった。

のべつ作り続けないと、客がさばけないからだ!!

そんな感じで食べ続けていると、ご飯があっという間になくなって、

ご飯を一杯お代わり(無料)。

なんか、このころには胃袋の調子もしり上がりになってきて、ご飯のもう一杯も

ばっちこーい!みたいな状態に。

味の濃さが若干薄いような気もしたけれど、

もしもっと濃かったら、お代わりしようとする気にもならなかったかも。

で、これも、キレイに平らげて退店してきました。

ここは、麻婆豆腐をおかずにご飯をガッツリ食べる店!それもご飯は2杯がデフォ!

久しぶりにガソリン満タンになった!!との満足感でした。ごちそーさまでした!!

いやなんか、また食べに来たい美味しさですね。店内には「週に一回麻婆豆腐を」と貼り紙がしてあったけど、これなら食べられそうですわ。

【お店データ】

恋人は麻婆豆腐 埼玉北本本店

埼玉県北本市本町3−9

水曜日夜と木曜日定休

営業時間 昼11:30〜14:30

夜18:00〜21:00

電話番号 なし

【このお店の近くだと、こんなお店もおすすめ】

埼玉県鴻巣市で「吉田のうどん」を食べてきた!
独特の麺の硬さがクセになる「吉田のうどん」。知り合いから「鴻巣に吉田のうどんの店ができた」と聞いたので、出かけてみました。まだオープンから日も浅いのに結構いいお店だったので、記事にしました。美味しいのでお近くの人はぜひ、試してみて!
鴻巣市郊外の「究極のもつ煮」が旨すぎる!!
この記事では、埼玉県鴻巣市の噂のもつ煮の店に、休日を利用して食べに行った話を書きます。 メニューはもつ煮だけ! でもホント、美味しかったのでまた、食べに行きたいなと… Googleの記事を思わず、ブックマーク! 先週なんです...

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
雑談
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました