木下さん家の受験話にうんざりする話

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

なんか、最近グーグルディスカバリーでネットニュースがしょーもないニュースばかり持ってきてウンザリしてます。

筆頭としましては、今年高校受験を迎えた、医師の木下さん家の一粒種のお話。

3年前も名門中学に受験して、ちょっとした話題にもなってまして、私も中学校の受験ってどんなもんだろう?と見ていたわけなんですが…

3年たった今年もやっぱり受験で苦戦していて、私の把握している限り、現在5連敗中と散々な結果が続いております。

ジャガー横田の中3長男、5回目の高校入試不合格 「浪人提案」には「ふざけてんの?」
女子プロレスラーのジャガー横田さんと医師の木下博勝さんの長男・木下大維志くん(15)が、2022年3月8日にインスタグラムで、5回目の高校入試不合格を報告した。2月から高校受験に挑んでいる大維志くん。これまで不合格とその報告を繰り返しており、3月7日にはインスタグラムで「HowmanytimesdoIhavtoseet...
スポンサーリンク

今回は前回以上に負けそうな雰囲気が…

まぁ、高校受験はよほどの難関校だと不合格ってこともあるんでしょうね…

私は地元の某私立高校を単願推薦で狙い撃ちにしたので、高校はアッサリ決めました。名前を言うと、「スゲー名門」になっちゃうんですが、私の時代にはそーんな名門校でもなく、私の頭も人並みで

正直、内申点でうまく潜り込んだ感じです。

私のことはさておいて、木下君のケースですが…なんか、見た目は受験するよりヤンキー校で伸び伸びしてた方が似合いそうなタイプなのに、なぜか高望みをして爆死するパターンが多い気がする…

で、本人も…インスタグラムに色々投稿しているみたいなんですが…

合格も決まってないのにSNSいじってる暇、あるのか?と。

温かいコメントが逆に見える

で、ネットニュースではSNSに残念なコメントを投稿する木下くんに

「厳しかったら浪人して頑張ろう」というコメントが寄せられている旨、記されておりまして、それに対し木下くん本人はムキになって言い返しておりますが…

私なんぞは「木下くん、SNS以外にやることない?」(二度目)と思ったりして。

また、一方で

折れずに受験を続ける大維志くんの元には、「諦めずに頑張れ」「いつか絶対やれるはずです」といったエールも集まっていた。

とあるのですが、もうこれなんか「あー、はいはい」で、生温かいレベルだと思うんだよね。

折れずに受験を続ける…というが、本来高校受験ってこんなに連敗しないだろ?と。

これが「15の春は泣かせない」という言葉がある時代ならば別、なんですが…この言葉が流行ったのはこのブログ主のオジサンの生まれるずーっと前、昭和40年前後の話ですぞ!

とりあえず、もう放っておいてあげようよ…(´・ω・`)

現在44歳になった私がしみじみ思うのですが、どこの学校に入ったか?よりかは

学校で何をしてきたか?の方が圧倒的に重要だったりするわけです。

前回、中学校受験をやって、不本意ながら今の中学校に進学し、3年間まがりなりにもやってきたわけですから、その間の結果が現在、問われているわけです。

で、現在5連敗だろ?

もう、「自分の努力が足らなかったか?」「目標が達成不可能なくらい高すぎたか?」の2択なんですよね、好意的に言えば。

もう、入れてもらえるところに入って、そこから立て直しを図ったほうがいい。

失敗は前向きに活かして、明日の成功につなげましょう!

木下くんはもう選ぶ立場でなく、入れてくれるところを探すというマインドに切り替えた方がいいよ、もう。

ついでに老婆心ながら、SNSはやめとけ(三度目)?

あんなものに関わってたら、一日何時間あっても足りないぞ!!

ネットニュースもちょっとヤンチャな中坊が、世間知らずにイキってるところ、ニュースにするのやめれ??もう、放っておいてあげようよ…。

と、つい思っちゃった、土曜日の午後でした…

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
雑談
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました