「手を使って熟読」音読筆写はスゴい!

スポンサーリンク
音読500回プロジェクトリターンズ
スポンサーリンク

昨日は、東京オリンピックの開会式を冷やかしで見ていたら、最後まで夢中になって見てしまったブログ主。

夜はさっさと手じまいして、朝5時の散歩を目指しておりましたが、目が覚めたら朝の7時半。日はスッカリ昇ってしまい、涼しい中散歩といかなくなってしまいました。

うむむ…三日坊主ではないか(´・ω・`)

まぁ、そんなことで少し今日は目先を変えて、地元の図書館の学習スペース借りて、音読500回プロジェクトをやっていくことにしました。

スポンサーリンク

記憶は「書く」と強化されるか?

で、音読ですが、10周目…回数ですと150回に入りました。

ただ、前回のプロジェクトの時は、この頃には楽々暗唱していたのに、今回はまだそこまで行ける気がしません。

前回との違いって、内容はもちろんなんですが、英文を「手で書く」というのを割と途中までやっていてそのことで英文が頭に入った、ということがあると思います。

当時30代とか、現代40代だとか、そういうのはあまり関係がないのでは、と。

そんなわけで、今日やる分はその仮説が合っているか、早速試してみることにしました。

というか、図書館で朗々と音読したら迷惑ですから、ごくごく小声(多分他の人からは、コソコソ聞こえるレベル)で音読しながら英文を書き写します。

久しぶりにやりますが、結構ピリオドやカンマなんかの書き間違いが多くて、一か所か二か所はスペルミスもしましたね。意外に英語力の足腰、衰えてるなぁ。

書くことで「疑問点」が浮かび上がってきた

音読だと、リズムが取れるとトントントンと読めて、つい見落としていた

疑問点も書くことで結構浮かび上がってきました。

これは、車を運転したり、自転車をこいでいる時に比べて、ぶらぶら歩いている時の方が、周りの景色が目に入るということに似ていると思います。

歩いている時なら、欄外に走り書きでメモを残しておき、後で調べますが、机を使っていれば、その場辞書引いて調べることなんて簡単ですからね。

で、調べた内容や例文などは、教科書の例文の欄外に書き込んでおきます。

*これは、私が学生時代からの習慣なのですが、教科書の本文部分にはアンダーラインや書き込みなどは一切入れません。その代わり、教科書の隅なんかに、気が付いたことを書きこんでいます。こうすると音読した時に「分かったふり」が出来ないので。

やっぱり「音読筆写」は効く!

学習スペースの利用時間が1時間なので、2回くらい書き写して、辞書引いて…ってやってくと1時間なんてあっという間に過ぎてしまいました。

結局帰宅して残りを音読して今日の分を仕上げたわけですが、

やっぱり「音読筆写は効くわ!」が実感です。やっぱり頭に入るのは「書いた時」ですね。なぜそうなるかの考察は、↓の投稿を参照してみて下さい

英語はトレーニングで上達する!音読筆写のすすめ!!
旧ブログで一番人気だった記事をアップデートして投稿します。8年前の記事ですが、当時英語に前のめりになってました。この後、中学生に『音読筆写』を仕込んだら、成績が激伸びしたので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

休日に語数の多い英文を回し、できるだけ平日の負担を減らして続けやすくする、というのは今までも試していましたが、これからは「音読筆写」も積極的に入れていきたいですね。

音読500回プロジェクトリターンズのバックナンバーはこちらから…

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
音読500回プロジェクトリターンズ
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました