「積ん読本」成仏作戦

未分類

かれこれ20年ほど読書漬けの日々を過ごしていますと、その気は無くとも読み切れない本が部屋にあふれてきます。

何しろ本は一期一会。

出版不況と言われても、毎日200冊の本が売り出されます。

この本は面白そうだ、そう思ってまたの機会になんて見送りをすると、ウッカリ忘れているうちに絶版になってしまうんです。

Amazonがあるじゃん?という方、甘い!

タイトルやどんな本かを忘れてしまうケースもあるんです。ラジオとかでちょっと紹介したものとかですね。こういうのはメモ取らないと5分後には記憶から消えるし、メモを失くしたら一巻の終わりです。

そんなわけで、チャンスの女神と同じく、気になった本はとりあえず買っておくことになります。

しかし、これはこれで困ったことが。

アレもコレもと買い込むと、1日1冊でも1年経つと365冊になる勘定です。塵も積もれば山となる、とは本のことではないかと思いたくなるほど。

そうすると、とりあえず読むと心に決め、ひたすら読みまくることにしています。

コレを「積ん読本成仏作戦!」と呼んでいます。

ここで使う読み方は、いわゆる速読。とにかく目を通します。

本には色々ありますが、究極には

「面白いか面白くないか」の2択しかありません。積ん読は、適当な当たりを付けて買ってきますから、いわゆるハズレを引くパターンもあるわけです。

かと思うと、途中からつまらなくなる本、逆に途中から面白くなる本もあったりしますこの部分的な当たりをとりあえず拾うために「目を通す」わけです。

で、もういい!と思ったら紙袋に突っ込んで、休日にブックオフに持ち込みます。

もういい、と思わないものは書き込み傍線引きでひたすらしゃぶり尽くして、さらにもう一周読んで、それでも惜しい!と思う部分をノートに書いておきます。

一冊の中のホンの一部分なんですけれど、コレをやっておくと、その本の他の部分を芋づる式で思い出すときがあります。

メモを取るのはいわば、自分の脳みその中に引き出しを作っておくわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました