友人の娘相手に「読み聞かせ」の特訓

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

先日、友人宅に招かれて宅飲みとしゃれこみました。

友人は、いつも私のことを気にかけてくれるみたいで、なんかの折に「飲もうよ」と誘ってくれます。

彼は、妻帯者で5歳の娘さんがいまして、姪っ子にメロメロの私に「子供が生まれたばかりの人にはこういうものが喜ばれるよ」とか、生きたアドバイスをいっぱいくれるんです。

スポンサーリンク

姪っ子に「読み聞かせ」をしてみたい!

で、先日姪っ子2号のお食い初めをやったとき、1号がクリスマスプレゼントをもらっていました

それは、彼女の抱えきれないほどの冊数の絵本でした。「本好きなんだな」と思ったら、なんか無性に、「この子に本を読み聞かせられたら、きっと自分でも楽しかろう」と思いついた次第です。

弟夫婦からプレゼントされた白ワインを開け、友人夫婦と一緒に飲んでいたときに、なんとなくそんなことを話したら、「ウチで練習していくといいよ」とのこと。

となりでそれを聞いていた友人の娘さんが、大好きな絵本を持って私のところへトコトコと…

「これ読んで!」と持ってきたわけです。

なんだ、特訓をしてくれる相手がココにいた!!とその子相手に読み聞かせをやってみることに。

とりあえず、いろいろやってみた。

とはいえ、その子も結構興味関心が360度で広がっていく子ですから

中々、こっちの読む内容を聞くことに集中しません。

何回も親しんだ絵本なんでしょうね。次のページを読んでる先からめくりにいったり、「そこ違う、○○だよ!」と教えられたり、

イラストを指さして「これなぁに?」と話しの本筋から外れたところの質問をしたり…と。そりゃそうだ!

それで、こっちも途中から色々試してみよう、と思いまして

いきなり、ホラー調に低い声で読んでみたり

名前を英語っぽく発音してみたり、

何か起こると、火曜サスペンス劇場の”ジャージャージャーン”って音を入れてみたり。

だんだん、コッチが面白くなってきて、いろいろやって一冊目が読み終わり。友人の娘は前代未聞のエクストリーム?読み聞かせに興奮してキャーキャー(≧∇≦)言ってバカ受け。

さすがに路線変更が必要と考えられたらしく、友人の奥様が「これなんかいいよ~」と「だるまさん」シリーズを渡してくれました。

この本が、数ページで読み終わる内容だけど、大人が動作をしながら読んでいくと、5歳児も一緒になって盛り上がってくれる!

「だーるーまーさーんが」ってゆーっくり読みながら、イラストみたいに左右に体をゆーらゆーらして

ぺこっ、という時は読み聞かせてる子とおじぎしたり…

付き合ってくれてるかもですが、割と一緒になってやるのが、面白いらしく一緒に色んな動作を一緒にやってもらいました。

 

なんでも、友人の奥様曰く…「赤ちゃんって、赤いものに注意が向きやすいから、この絵本に反応するんじゃない?」とのこと。

また「一冊試しにプレゼントしてみたらいいんじゃないかな」とありがたいアドバイスも。

うーむ、これはいいぞ!!変なアドリブ入れて姪っ子のセンスをエクストリームにするよりは、こういった一緒に読んだり聞いたり、動いたりを色々やったほうが、喜んでくれるかもしれないな?

そんな風に思った次第です。

色んな経験を教えてくれる友達夫婦にはいつも、感謝ですわ!!

【関連記事】

「母子手帳」を読んで考えたこと
昨日、風疹の抗体検査を受ける前に、実家の母子手帳を貰ってきて読んでみました。私が生まれる前に何があったか、生まれてから何に困って喜んでいたのか、それが感じられました。もっと早く読んどけば良かったなぁ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
雑談
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました