天国か地獄か?iDeCo5年目の運用成績をさらす!

スポンサーリンク
吹けば飛ぶ弱者の投資戦術
スポンサーリンク

1月27日。

わたくしの44歳のバースデーでございます!!

Twitterに「44歳になっちまった(´・ω・`)」と愚痴をこぼしたら

「若い!」「がんばれ!」「おめでとう」と祝福の嵐でビックリ。

中には「突然死に気を付けてください」という年齢相応なアドバイス?もあったものの…ホント近年まれにみるいい誕生日でした。

で、一人でいい気持ちになって宴なんぞをしていたわけですが…

我が家に帰りついてから…「誕生日といえば…いけね!忘れてた!!」とハッと我に返った次第。

それは…iDeCoの運用成績を、年一回ぜーんぶ暴露する日!!!!!

スポンサーリンク

iDeCo5年目…それは、爆上げの1年

私、毎年1月27日に、運用しているiDeCoの成績をさらしております。

ちなみに昨年までの成績がこちら↓

世間は新型コロナウイルスがニュースの半分を占めるほど、とにもかくにもコロナコロナで明けて暮れた2021年でした。

働いている業界も、相変わらず厳しいですしね。

しかし、iDeCoで運用しているFTSE グローバル・オールキャップ・インデックス」は絶好調でした。

ジワジワジワと右肩上がりに値を上げていましたね。

もちろん、これは各国のコロナ対策が影響しています。コロナ禍が引いたら、またいつものように経済活動が復旧するように、金融緩和を進めたのが、大いに影響しているわけです。

ところが、それの副作用で、日本以外の各国はインフレ基調になり、またロシアはウクライナと一発交えるかという剣呑な雰囲気もあって、株価はダダ下がりのナイアガラ状態です。

そんな中での、運用結果発表!!

では、成績発表!!

2022年1月現在の投資金額は1,380,000円です。

丸5年になると、元本もここまで膨らんでまいりました。

対しまして、現在の資産残高は1,790,367円。年明けには1,900,000円まで膨らんだのですが、大波乱の幕開けで大きく値を下げております。

これをお馴染み、カシオの複利計算で計算しますと

1年あたり5,3447%と出ました。

昨年が4.3%ですから、いかに昨年1年が伸びたかが分かるかと思います。

今年は大波乱?でも積立続行!!

今年は最初のひと月で大きく値を落とし、大波乱の予感ですが…

積立は相変わらず、淡々と続けます。というか、27歳から積立投資を実践している私からすると下げになった時こそ本領発揮の時、であります。

コレが積立投資の面白いところで、自分のハラハラなんぞ関係なく下げ局面でも積み立てていると、上げに転じた時に仕込んだ分が利益を押し上げるんです。

というわけで、今年も淡々と買いを入れ続け、1年後にまた報告をしたいと思います。

【関連記事】

大恐慌も、大災害も乗り越える弱者の投資法「積み立て投資法」
積み立て投資は、どんな人でも実践可能なお金の作り方です。リーマンショック、東日本大震災と大きな下落を経てもちゃんと利益が出たこの方法を、私の体験を交えて説明します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
吹けば飛ぶ弱者の投資戦術
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました