お金を貯めたい人は厚切りジェイソンをパクれ⁉

スポンサーリンク
吹けば飛ぶ弱者の投資戦術
スポンサーリンク

この前ラジオ番組でお笑い芸人の厚切りジェイソンさんが、お金の貯め方増やし方を話してました。

これがものすごく理にかなったやり方で、ぜひ活字で読んでおこうと、この本を購入。

読んでみたんですが、私も「そうなんだよね!」と同感するところが多くて、自分でもパクろうと思うところがたくさんありました。

お金を貯めたい、増やしたい人はぜひ読んでおいた方がいい一冊でした。

スポンサーリンク

この本のどこがいいか?

私も社会人になってからマネー関係の本は山ほど読んできました。読むだけでなく薄給の中でやりくりしながら貯金をカッチリ進め

投資も27歳から経験積んで、現在iDeCoを使って、資産運用の真っ最中です。

おかげさまで、明日職を失っても、とりあえず即路頭に迷うことはない状態であります。

そういった本を読んでいくと…

・現在の状況とずれてないか?

・誰でもできるか? 

・継続性が担保されているか がポイントだなと。

この2点を両方クリアしている本って意外と少なくて、個人的にはものすごく影響を受けてはいるけれど、内容が古すぎて実践するのにまた別のノウハウがいる『バビロンの大富豪』みたいな本や

ウォーレン・バフェットの株の選び方のように「いきなり」では難しい方法、

ビットコインなんかのような「流行りもの」を追っかける方法みたいのだと

実践したとしても、結果を出すのは結構難しい。

しかし、厚切りジェイソン氏のこの本は、たぶん30年後でも全く内容が変わらない

再現性が高い、それが唯一無二の価値!

どんな立派なメソッドでも、実践して似た結果を出せなきゃ意味がない。

当然厚切りジェイソン氏は現在、会社の役員と芸人の二足の草鞋を履く身ですから

稼ぐ方もガッチリ稼いでいます。

その辺は、零細企業で糊口をしのいでる私とは決定的に違うんですが、どんなに稼ぎが違っていても、方法をそのまま「丸パクリ」できる(これを「再現性が高い」といいます)のが、この本のいいところ。

彼のやり方は非常にシンプルで「無駄なことにお金を使わず、3か月間生活できるだけの貯金以外は米国株式のインデックスで長期運用する」という

1行で書ける内容です。そして、その1行を実際にどうすればいいのかを1冊かけて解説しているのがこの本なんです。

どんな人でも「即実践できる」し、どうすれば出来るかを入口まではナビゲートしてくれるところにこの本の方法の良さがあるわけです。

若い人にぜひ読んでほしい一冊

最近の若い人はメチャクチャ堅実な方が多いそうです。

そりゃそうだ。生まれてこの方、景気のいい話をあまり聞かない世代だったし、お父さんお母さんが苦労しているのを肌感覚で知っているから、

車だタバコだギャンブルだということにはあまり興味がないみたい。

そういった若い世代には、この本メチャクチャおススメなんです。なんでかというと、ジェイソン氏のこの方法「持ち時間が長ければ長いほど絶大な効果を発揮する」から

また、仕事をしてきてなんとなく生き残ってきた私(昭和53年生まれ)くらいの年齢の人にもおすすめです。

僕ら世代って、年金が何となく頼りにならなそうで、一生働くルートになる人が大多数になりそうですから。それでも、私なら65歳まであと22年あるわけで、小細工の一つや二つは仕掛ける時間的な余裕があるわけです。

ジェイソン氏の本のやり方って「できるだけ早く始めること」が最も大事なことです。

お金に関して漠然と不安は抱いているけど、とりあえず何したらわからないから貯金している、とかどうやってお金に困らないようにするか

そういった人なら、ジェイソン氏のこの本を丸パクリするのが一番手っ取り早い。騙されたと思ってぜひ一度読んでほしいし、「いいな」と思ったら即実践して欲しいと思う一冊です。

【関連記事】

↑iDeCoでジェイソン氏と同じようにインデックスファンドを積み立てただけでどんな風になるかなとやっている超長期実験企画。毎年1月27日の誕生日に結果発表をしております。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
吹けば飛ぶ弱者の投資戦術私の読書メモ
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました