我が家に「アベノマスク」が届いたので、実際に付けてみた。

雑談

この記事では、コロナ感染防止のために配布されたマスク、いわゆる「アベノマスク」について書いていきます。

「汚れてた」「小さい」など散々な評判のこのマスク。実際に届いたら実際のところどーなんだ?

とスゴイ気になっていたので、届いたマスクを早速検証してみました。

水曜日に届いた「アベノマスク」

仕事を終えて、ブログの執筆作業を楽しんでいると、玄関の郵便受けに物音がしました。

「また、チラシの投函かな?」

そう思って確認に向かうと、ついに来ました!!

政府が配布した布マスク、いわゆる「アベノマスク」ですね。

ツイッターでも話題になっていたこのマスク、配布の知らせが届いたのは2ヵ月くらい前。

当時は不織布マスクも手元不如意で「よっしゃ!届いたら早速使うぞ!!」と思って

届くのを楽しみにしていたのですが、なんか途中で、

「マスクが汚れとる!」とか、「マスクが小さい」「洗ったら縮んだ」など散々な評判がチラホラ。

その度に、どんどん配布が遅れていき、

ついに待ちきれずに、別途で布マスクを購入。

お客様のお店で購入したプリーツ型の布マスクです。不織布と比べると息がしやすくて非常に気に入りました。ちなみに上のフェイスシールドは別のお客様のご厚意で頂いたものです。

あきらめかけた頃に、やっとマスクが届き、やっとこの企画ができる!と喜んだ次第。

マスクは小さいか?

さて、アベノマスクですが、私がお客様から求めたプリーツ型とは違う、

小学校の給食の配膳で使ってたガーゼマスクの大人版です。

大きさは、通常の不織布マスクと比べてみると…

なるほど、ちょっと小さいですね。

それでは、顔に実際にかけてみるとどうか、というと…

鼻と口を覆う、という目的は充分に達成できそうです。

ご存知の通りですが、マスクは高性能のサージカルマスクでも、ウイルスのような小さいものを遮ることはできないそうですが、感染経路を鑑みると、

自分の手に付いたウイルスを口元や鼻に運んでしまったりするケースが多く、

また、無症状であっても保菌者である可能性があり、飛沫を飛ばさないという目的を達成できるので、私にとっては布マスクでも十分だと思います。

アベノマスクの難点?

汚れは、一回難癖ついたから全部検査したんでしょうか。全く汚れはなかったです。

ただ、マスクをした時にちょっと気になったのが、消毒のためかな?

若干、小学校の理科室のような酸っぱい香りがしたこと。

ただ、これは軽く洗えば落ちるレベルで、それほど気にならないかなと。

とりあえず、手洗いして、普段はお客さんの布製プリーツマスクを使いつつ、アベノマスクはスペアとして活用しようと思います。

マスクを取っておくのは無駄か?

ところで、このアベノマスク。

要らないから誰かにあげちゃう、という人がいたり、受け取り拒否したり、という人がいるそうです。

もちろん、それは個人の自由なんで、一向にかまわないのですが、

私は、持っておいて損はないかなと思います。

100年前のスペインかぜの時は、第3波まで来たそうですし、

第3波がいちばん、毒性が強かったそうです。

不幸にして、今回の新型コロナウイルスも、揺り戻しでより強力になる可能性が否定できないですし

「不織布マスク」が品薄状態になる可能性がゼロとは言えないということも考えて、

このマスクを手元に取っておこうと考えています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました