読書メモを取るメリット

勉強のコツ

何年か前から、作家の佐藤優さんに影響を受けて、新聞や雑誌、本を読んでいて「これは!?」と思った部分を大学ノートに書き写すようになりました。

新聞の一面コラムを書き写す勉強法を以前書きましたが、それを発展させた形です。

難しいことは何もなく、ただ一文一文読みながら書き写していくだけです。

黙読でどんどん読んでいくのに比べて、猛烈に手間がかかります。だいたい、一面コラムで15分ほど、文庫本の1ページ分なら1時間弱、というところでしょう。

にもかかわらず、本の抜粋をノートに書くことに何のメリットがあるのでしょうか。

これは一言で言うと「アタマによく入る」から。

それも、一読しても、いまいちピンと来ないもの、難解で硬いもの、例えば国際情勢、哲学や宗教など、よーく考えなきゃいけない内容を消化吸収する上で極めて有効なんです。

手で書き写すと、当然その文章をじっくりと読む必要があります。書き写す時に一旦アタマで反すうして、書く時に筆者が何を感じるのかを追体験できます。

無機質な文章の中から、筆者の感情がほの見える時すらもあります。

そうして、書き溜めたメモを2度3度と時間を置いてから見直すと、自分の頭の中の別の知識、経験と結びついたりします。

それも、ノートに書き込みます。

片っ端から読みまくる、という方法もあるのですが

しっかりした文章、自分が「何となくいいな」と思ったことは、ノートに書き貯めておくと、「本を深く読む」という感覚が掴めるので、おススメですね。

知識が熟成する『書き写し』

そして、面白いのが書き写したものは時間が経過するほどに、脳内で他の知識と結び突き出してくる事があるんです。

誰かと話をしている時に、自分の中でバラバラで無関係になっていた記憶が一つのまとまりになって口から出てくる事ってあると思うのですが、アレに近い事が起こります。

面白い事にこれが、頭に入った時は全然関係がない事が繋がってくる。

例えば、立川談志さんの言に「落語とは人間の業の肯定である」という言葉があります。確か弟子の談春さんの「赤めだか」という本で読んだと思うのですが、これが…

別のところで、釈徹宗さんのコメントに繋がってくる。

「落語の起源は、仏教法話のおかしい話を膨らませたもの」と釈さんは話していて、「それなら、人間の業を脱する」ことが最終目標ですから、そうなり切れない自分を笑うのは全然おかしくないですよね。

さらに、そういえば…と

植木等の「スーダラ節」に繋がってくる。

で、調べてみると、ネットにスーダラ節の解説を発見!!

タレント活動では無責任なキャラクターを演じていた植木等さんでしたが、根はすごく真面目で、「スーダラ節」の歌詞を初めて渡された時にこんないい加減な歌嫌だな…と思いお父さんに相談します。

浄土真宗の僧侶だったお父さんが歌詞を聞くと、「コレは素晴らしい!親鸞上人の教えに通じるぞ!」と大絶賛!!

スーダラ節って「(バカな事だと)分かっちゃいるけどやめられない!」

ってテーマですよね。人間の矛盾を突いたテーマだから必ずウケる!頑張れ!!と植木さんを励ましたそうです。

…とまぁ、こんな感じで様々な記憶、知識が有機的に集まってくる。コレもまた、書き写しの効用でしょうね。

コメント

  1. ひょっとこ より:

    こんばんは(^。^)初コメです
    先々週ぐらいから記事を拝見しています。
    前ブログの方も1から楽しく読ませてもらってます。全部読み終わるのがいつになるかは分かりませんが…(汗)とくに語学の勉強についてのお話が興味深くて、感謝しながらくいいるように見てます(笑)
    貴ブログの記事に感銘を受けて「國弘流 英語の話し方」を買ったので、英語とロシア語頑張りたいと思います!

    最近暑いので、体調にお気を付けて過ごされてください!いつもおもしろい記事をありがとうございます!

    • m_alternative より:

      >ひょっとこ様
      初コメントありがとうございます。

      また、過去の投稿までさかのぼっていただき、重ねてお礼を申し上げます。

      僕は語学を下手の横好きでコツコツやってきました。
      多くの失敗を含め、様々な試行錯誤をへて現在に至っております。

      ですので、もし記事の内容に疑問を感じたら、ぜひ質問をお願いします。

      ロシア語は僕も大変興味があります。

      僕も早く英語に一区切りつけて、以前やった中国語、ロシア語と手を広げたいのですが、まだまだですね。

      語学はやればやっただけ楽しいですよ。英語とロシア語、頑張ってください。

タイトルとURLをコピーしました