DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる (section 13編)

DUO3.0英文解説

外は暑いので、ひたすら本を読んだり、ドキュメンタリーを見たりブログやSNSを書きまくって、夏休みを過ごしております。

section 13 の英文の解説をやっていきましょう。

146.Bob cut in on our conversation, saying,”I’m against it!”. But everybody ignored him.

本書のコメディ担当、ボブの英文ですね(笑)

saying〜は分詞構文で、前半の英文を書き換えると

Bob cut in on our conversation,and he said”I’m against it!”

になります。said になるのは、前の文のcut が主語がBob という「三人称単数形」の名詞であるのにもかかわらず、cut にs が付かない(cut は、過去形、過去分詞形も同じという珍しい動詞活用をします)からも分かります。

148.He saw someone being bullied,but he turned a blind eye.

being bullied は直前のsomeone を修飾する分詞です。いじめ「られ」ているので、be bullied 「いじめられる」のbe を分詞にしているのです。

151.I hate him! He behaves as if he were somebody.

as if は「話者のたとえ」なので、仮定法が使われます。be 動詞は仮定法の際にはwere を用います。

また、somebody が斜字体(イタリック体)になっているのは強調を表します。

154.The more stubborn you are, the more isolated he become.

2つのthe more のせいで stubborn と isolatedという形容詞が語順を変えて前に出る「倒置」を起こしています。

そして、これは現在形。主語の you は特定の人物を指しているものではなく、一般論的に考えていいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました