DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる(section 38編)

DUO3.0英文解説

この記事ではDUOの section 38 の英文で分かりにくい英文を解説していきます。出来るだけ盲点になりそうなところを選んで説明していきます。

458. The man must be insane. He can’t distinguish vice from virtue.

must は、「〜しなければならない」の方が比較的有名な助動詞なんですが、主語と動詞、補語という構成のいわゆる『第2文型』だと「〜に違いない」を取るときがあります。

例)She must be Bobby’s sister.「彼女はボビーのお姉さんに違いない」

ちなみに、アメリカ英語だと have to も「〜に違いない」という意味で使われることがあります。

distinguish A from B は、「AとBを区別する」という意味です。

コレの互換表現として、tell A from B があります。

459. The fingerprints left on the weapon correspond with the suspect’s.

left on the weapon は、分詞で、fingerprints を修飾する形容詞句です。

また、suspect’s とアポストロフィ+s は名詞の所有格。「容疑者の」という意味です。蛇足ですがこの後ろに付くのは、fingerprints です。

460. It took us all by surprise when the noted psychologist was accused of kidnapping.

この文の主節は It took us all by surprise です。主語は it 動詞は took ですね。その後のus all が目的語です。

when 以下は主節を修飾する従属節です。

あと、kidnapping は kid と書かれていますが大人の時にも使われます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました