勉強に、経験値システムを持ち込もう

勉強のコツ

先日、同級生と大宮のいずみやで飲んだ時のことです。

彼とは面白い仲の良くなり方をしました。

同窓だった小中学生のころは名前と顔は知ってても疎遠で、どちらかから近づくこともなく、という関係だったのですが、なんとなくLINEでつながってやり取りをしているうちに意気投合しました。

社会人で距離ができたら、かえってお互いの良さが分かる。

僕はこれを「遠目の富士山」理論と呼んでおります(笑)。

その時に、大ナマ片手に彼曰く

「○○(僕のことです)は勉強好きだったからなぁ」

意外な感想でした。言っておきますが、僕だって当時はゲームやったり、マンガ読むのが好きだったですよ。フツーに。

今でも好きです。

今でこそ、勉強好きを公言してはばからないですが、小中学生当時はそんなことなく、「やらなきゃいけないからやっていた」状態でした。

じゃ、楽しいってのは、どんな時だったか…

こういう時は「勉強」と対比するものがあったら、分かりやすいかもしれません。例えば、「ゲーム」にしてみましょう。

私にとって勉強とゲームの共通点は「単純作業の繰り返し」です。

特に私の好きだったゲームは「ドラゴンクエスト」をはじめ黙々と経験値を稼ぐ作業や、伝説の武器が落ちるまで黙々と最強モンスターを倒し続ける「作業」の繰り返しなんです。その作業を何か月、何年も続けました。

今でも、スマホで「ドラゴンクエストモンスターズ」をやっていますが、これも言い切ってしまえば、ログボのジェムを稼いだり、経験値を貯めて自分のモンスターと強くする、など地味な蓄積がモノを言うゲームです。

じゃあ、逆に違うところは?

「ゲームは自分からやっていて、勉強はやらされている」パターンが圧倒的に多いんじゃないでしょうか。

つまり、人間は「やりたい」ことには熱中するが、「やらされている」ことには苦痛を感じるということです。ゲームでも、「やらされている感」があると苦痛かもしれません。

では、勉強に「自分からやっている感」を持ち込むことは不可能なのでしょうか。

勉強で「自分からやっている感」にマインドを変えることは可能です。

それは「自分がドハマりしているものから、そのノウハウを拝借して、日々の勉強に組み込むこと」です。

僕がなぜ、ドラクエにハマったかって、最初はスライムやおおがらすに苦戦していたのが、徐々に力をつけてってゾーマに挑めるからなんです。

今、やっている戦闘が、経験値の形で積みあがって、一定の量をこなせばレベルアップする。その感触がたまらないんです。

だから、勉強に「経験値」の概念を持ち込みます。

例えば、今私はDUO3.0という英文帳を音読しています。音読というのは、ひたすら英文を口に出して読むのですが、単純なだけに飽きやすい。

そこで、その英文の一つ一つに『正』の字で回数を記録しています。

地道な作業を何回繰り返したか、っていうのをちゃんと記録しておく、そうすると、「ちょっと以前よりつっかえず読めた」「意味がスパッと分かった」という、

頭の中でレベルアップのファンファーレが鳴る瞬間を味わえるんです。

そうすると不思議なもので、他所から見ると単純極まりなく、苦痛極まりなく見えることですら、楽しく感じられて続けることができるんです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました