いい人に会うことが異常に多い、という話。

雑談

実は先日、個人的にお付き合いしているお菓子屋さんに

「個人的にちょっと相談に乗ってほしい」とのお話を頂きました。

パソコンに詳しい人、ということで私に白羽の矢が立ったらしい。

それで、何年かぶりにお邪魔しました。

何でも、毎年この時期に準備する「クリスマスケーキの予約チラシ」が作れる人がいない、とのこと。

例年頼んでた人もパソコンが壊れてしまい、大変困っているとのことでした。

その人とは何年もお付き合いがあるし、お役に立てればとまず承諾。

そうしたら、よほど喜んで頂いたらしく、本業の広告の受注を受けることに。

今の時期、広告費ですらも中々捻出するのが難しいご時世なのに、その気持ちが大変うれしくてねぇ。

データを見せてもらうと、そんなに難しくなさそうだし、

自分の売り上げに協力してくれるのが嬉しかった。

思えば、私は結構人に恵まれていましたね。

小学生の頃は須永先生というおじいちゃん先生(書道とか教えていたけど、もしかしたら定年で嘱託として働いていたのかな)がおりまして、

どんな子にも

「ポケットに手を入れるな」「挨拶はきちんとしろ」

とマメに叱ってくれる方でした。

だからみんな、結構煙たがっていたんだけど、

私なんかは群馬のじーちゃんに躾けられていたから「はい!」って懐いていました。

向こうも「○○(私)はえらい」と言ってくれたからますます嬉しくて、このおじいちゃん先生にくっついて回ってましたね。

また長じて大学生時代…通学のために隣町の駐輪場をその日清算で借りていたら

普段「おはようございます」「ありがとうございます」と挨拶していたシルバー人材センターの人が、

「いつもその日清算じゃ大変だろう。定期に空きが出来たから取っておいたよ」

とわざわざ声をかけてくれたり。

今の仕事を始めた時なんかも、右左も分からない入社1か月の私に

「頑張ってね」と声をかけてもらったお客さんもいたなぁ。

入社した年にお仕事を一緒させてもらった人の中には、旅立たれた方も多いけど、

今でも笑顔で会える人も多いのも嬉しい。

Twitterを始めた時なんかは、なんか罵声大会みたいなとげとげしい場所を想像していたのに、

みんなメチャクチャ優しくて親切で…

オフ会とかで会っても期待を裏切られたことはない。

私が無知からぶしつけな行動を取っても、「こうするといいよ」とアドバイスをくれるし。

稼ぎは、というとまぁボチボチだけど、

人との出会いに関しては、満点だと自分では思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました