佐藤優入門に最適な電子書籍見つけた!!

読書メモ

この記事では、『高嶋ひでたけインタビュー佐藤優が語る。』が読んでてとても面白かったのでご紹介します。

お二人は以前、やはりニッポン放送の『あさラジ』でもメインパーソナリティとコメンテーターとして、世の中の出来事を深層まで解説、好評を博していました。

ラジオでの解説が一番シックリくる

佐藤優さんは2002年のいわゆる「ムネオ疑惑」で逮捕され、有罪判決を受けました。

その間に自身のことを書いた『国家の罠』で作家デビューします。

以来雑誌や新聞などで数多くの連載を抱えつつ、モーレツな勢いで本を出版。

それに加えて、灘高や浦和高校、同志社大学などでも教鞭を取るなど、多彩な活躍をしています。

中でも私が個人的に思い入れがあるのがラジオで、今でも定期的にラジオ出演しては、他の人とは一味違う切り口から「なるほど」と唸らせる解説をしています。

ラジオだと、パーソナリティとの掛け合いもあり、その呼吸からどうすれば伝わるかを感じ取る様子。

一方のパーソナリティはベテランアナウンサーが務めることが多く、佐藤優さんの多彩な知識の引き出しを上手にアシストしてくれる。

そんなわけで、私はラジオ出演の時の佐藤さんの解説は、なるべく聴くようにしています。

高嶋さんが引き出す「佐藤優像」がそのまま彼のパーソナリティを表す面白さ

この本も、かつてタッグを組んだ高嶋さんのラブコールに答えることで実現したものです。

それも深夜帯、早朝の3〜5時の2時間、2人が語り合うという。

それを全文文字起こしし、

さらに、そこから佐藤優さんの著作の紹介も混ぜている。

長年培った阿吽の呼吸なんでしょう。

高嶋さんのナビゲートに引っ張られるように、「佐藤優のできるまで」や、「国際ニュースの解説」「官僚組織の本質」や、「友情について」など、いくつかのテーマで佐藤さんが話すのがものすごく面白い。

「生い立ちから最近の世界情勢まで、すべて語り尽くす」というコピーが伊達ではないほどで、

私が持つ、人間佐藤優の面白さ、素晴らしさが上手く描ききれている気がします。

個人的なオススメポイント

私の個人的なオススメ、というと佐藤さんの高校時代の親友、豊島昭彦さんとのエピソードです。

高校で友達だったけど、その後接点はなく、

つい最近付き合いが復活した友達、豊島昭彦さん。

しかし、彼は末期のガンと診断されるんです。

佐藤さんは豊島さんに「君の本を作ろう。君がどのように生きたか証を残すんだ」と説得。

それが実を結んだのが『友情について』という本なんです。

私、昨年出版された時、

すぐ読んで、どんな困難に遭おうとも、粘り強く道を切り開く豊島昭彦さんの態度に感動したのですが、

今回を読んで、『友情について』のよりディープで、豊島さんが伝えたかったことがよりよく分かりました。

会社では、ひたすら誠実に粘り強く生きてきた反面、

家族に対してはその分、思いを伝えきれなかったという豊島さんのエピソード。

混濁した意識の中で、家族へのメッセージを佐藤さんが伝える件は、『友情について』を読んだ時の感動が突然蘇って、

涙が止まらなくなりました。

この後日談が読めただけで、本当に良かったと思ってます。

佐藤優さん、という人間を知るのに最適な一冊

この本は、インタビュー形式であることに加えて、

それぞれの内容に参考文献がついてて、好きな話題を深められるように構成されています。

世界情勢を冷静に腑分けする頭脳と、

固い信念と熱い心に裏打ちされたスピリット。

この2つが同居する佐藤優という人間を大掴みするのに、この一冊、中々便利だと思います。

Kindleのみの販売ですが、サクッと読めるのでぜひオススメしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました