東松山の名物もつ煮をテイクアウトしてみた

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

以前、友人から「東松山に美味しいもつ煮込みをテイクアウトできる店がある」と聞いたので、昨日とコトコト出かけてみました。

スポンサーリンク

「もつ煮のまつい」に行ってみた

下道を車で約30分で到着。意外に近い。休みの気安さもあってリラックスしながらハンドルを握り、鼻歌まじりにドライブすると、日ごろの猛烈なストレスも少し晴れるような気がします。

そして、到着したのがこちら。

もつ煮の店まつい外見

で、お店の中へ入ると…11時の開店に合わせて行ったけどもう満席。

朝ごはんが遅かったので、食べて帰るのはやめて、テイクアウト狙いで…お店の奥に行くと、レジの下にテイクアウトの袋が並んでいるのが見えました。

前の人がノーマルのもつ煮(1100円)と辛口のゴジラ(1200円)を購入したので、私もとりあえず、その2つを購入し、帰宅しました。

帰るまで何分か聞かれたので、30分と答えると、やはり傷みやすいのか、保冷剤を入れてくれました。そして、帰宅。

もつ煮とゴジラ

もつ煮とゴジラのテイクアウト。真空パックではないので液漏れしないか心配でしたが、問題なし。ネギと加熱法が書かれた説明書付きです

早速作ってみた

で、早速自宅で作ってみることに。まずはノーマルの「もつ煮」を試しました。

鍋に袋の中身を空けて、水50㏄を加えて、弱火でトロトロと加熱して、あったまったらネギをトッピング。

早速、味わってみました。

もつ煮はみそ味で、ただの味噌というより、この辺にある「やきとり」(ひらがなで書いた「やきとり」は豚のカシラ肉を串に刺したもの)の辛子味噌に似た味わいです。

味はやや塩辛く、超どストライクな味付けです。

臭みは当然というか、さすがというか、まったくなし。

あと、豚モツがトロットロで、ちょっと今まで体験したことのない食感でした。スープもメチャクチャ美味しくて、一袋なんて余裕でペロリ!でした。

ただ、もつ煮でいろんな野菜や、こんにゃくなんかが入ってて、もつのクニュクニュした食感も好きという方には、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

でも、味はこれでアリだな、と思いました。何より、自宅じゃ再現できないから、これはお持ち帰りする価値は相当あるなと思います。

今度はお店でいろんなメニューを試してみたいです。ちなみに通信販売もしているようなので、詳しくはお店のホームページから!

ゴジラも食べてみた

辛口のゴジラも同じようにして作ってみました。

ノーマルなものより、ややモツがしっかりした食感な気がします。

ただ、モツが硬いというわけではなく、やはり柔らかい。そして辛口味噌味が強調されてて、コレが結構美味しい。

あっという間に2人前をペロリ、となったので残り汁に茹でうどんを絡めていただいたら

コレがバリ美味!!

今度は食べに行ってみようかと思います。

場所はこちら↓を参照ください。

ゆで太郎の店舗に入った「もつ次郎」に行ってみた!!

↑大宮市場近くのゆで太郎に、もつ煮込みを出す「もつ次郎」が出来たので行った話です。

土日限定赤パンチ丼

↑埼玉中心のローカルチェーン山田うどんの赤パンチ丼はジャンクな味だけどおすすめ!

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
雑談
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました