乗らないときに「仕事を始める」コツ

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

この記事では、どうも仕事が手につかない状態の人に試して欲しい

「スムーズに仕事を始める」方法を書いています。

うつ病とかを除いて、どうもやる気の出ない時が少し続いたりするとき

意識してやると、結構役に立ちます。

スポンサーリンク

先にクヨクヨが先に立つ「やる気のない人間」

いつもエネルギッシュに、朗らかに生きられたらどんなに楽だろうと思う時があります。

例えば私は人といると疲れるんです。

楽しくないわけじゃないんです。すごく楽しい。

ただ刺激が強すぎて、かなりグッタリしてしまいます。

だから一人で静かに本読んだり、ノート取ったりしてる方がずっとリラックスできるんです。

また、何か失敗すると引きずって悩むタイプです。

記憶力は決していいわけでもないのに、そういう記憶は引きずって落ち込みます。

何をするのもおっくうで辛い。

さらに、何かを始める時に

「コレが起こったらどうしよう?」

「もし、こんな事が起こったら?」と不安を強く感じる、心配性。

だけど、そういう「どうしようもない」私でもなんとかする方法をお客さんから教わり、実践しています。

毎日エネルギッシュなスーパー仲人さんの「簡単な方法」

その方は、40年以上前から縁結び一筋で

2000組以上のカップルを成立させたスゴい人です。

担当になる前は色んな噂を聞き、どんな人なんだろうと想像を逞しくしていたのですが

実際会ったらものすごく気さくで、ズケズケ話してるようで

ものすごく優しくて、気遣いも欠かさずといった人柄。

しかし、縁結びのお仕事はフルオーダースーツを作るようなもので

様々な性格の人と人とを繋ぐのですから。少しも気が抜けません。

「どうも乗らないなぁ」という、そんな時でも向こうから仕事が来ます。

仲人の力量を見込んで会員さんが集まりますから、こっちの都合で休むことも出来ません。

どうやって乗り切るのか、思い切って尋ねてみました。

そのコツは実に簡単でした。

「やらなくてはいけないことを、前の日の夜全てメモっておき必ずやる」こと。

「前日の夜」「必ず」がポイントだそうです。そして終わったものを順次消していきます。

優柔不断が常の僕は、早速飛びつきました。

 

で、早速やってみた!

マネをしてみたら、ちょっと今日は憂うつだなぁという日でも、たしかに動ける!

何をやるかを考える前に動けると、こんなに楽なのか!!

作業だけだと、こんなにテキパキと片付くのか!!!

と我ながら驚きました。

これは、英語の勉強にも使えます。

実際に取り入れたら、それまで休み休み、ダラダラ、グズグズ…と言ったDUOの音読が、まぁ捗る!

人間って「やらなきゃやらなきゃ…」

とグズグズしているのが一番ダメで、

その時、一気に「えいやっ!」っと始めると

どうにかなるものなのですねぇ…

この方からは色んなことを教わっていますが、どうしようもない時、一番助かっているのが、

この「ちょっとしたノウハウ」です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました