本の内容を頭に入れたいなら○○○をやれ!

スポンサーリンク
勉強のコツ
スポンサーリンク

自慢でなく、以前居酒屋で文庫本を読みながら一杯やってたら

「君はホントにモノをよく知ってるよね」と言われたことがあります。

「…でも、僕は本を読んでも、頭に入らないんだよね」とも。

本を読んで、知識を身に付けたい人って多いと思うんですけど

世の中に「読書法」がベストセラーになるというのは、そういう事が多くの人にとって

難しいと思われていることの裏返しになっているのかなぁ、とふと考えてしまいました。

スポンサーリンク

読んだ内容は「出さないと、思い出すことができない」

以前読んだ本で知ったのは、「人間の脳」ってものは、

すべての経験や知識を覚えているそうです。

忘れたように思っていても、それは出し方を忘れてしまって記憶の奥底に死蔵されているだけ、だと。

本を読むのはインプットなんですが、アウトプットの場がないとあっと言う間に「死蔵」になってしまう。

だから、人為的でもいったん自分で取り出す必要があるんです。

マジメに入試をやった経験のある人なら分かると思うんですが

予備校でいくら授業を受けても、問題を実際にといて「知識の出し方」を練習しないと、

知識が中々モノにならないのと一緒です。

本の内容を自分で語れば、エッセンスを忘れない

本を読んだら、その内容を人に話して定着させる

こんな読書法を実践した歴史人物がいます。

それは、20世紀最悪の独裁者と言われる、アドルフ・ヒトラーです。

この人、本をむさぼるように読み

翌日の朝、側近たちとメシを食いながら、延々と前夜読んだ本について喋りまくるのが常でした。

ヒトラー先生の「しくじり読書法」
ティモシー・ライバック『ヒトラーの秘密図書館』から、ゼッタイ真似しちゃいけない「引き算の読書術」を考察します。

ただ、彼の場合はそれを黙って聞いてくれる側近がいたからできたこと。

フツーの人は、そんな人を得るのは難しい。

それに、他の人にうるさがられるかもしれないですね。最近のアパートは壁が薄いから。

そこで、私がおススメしたいのが「読書ブログ」を書くこと。

ノートに書くのもおススメなんですが、ブログなら誰でもすぐに始められて

何回も書き直しや書き加えができ、自分の頭に本の知識を構築するのに、すごく便利なツールだったりするんです。

何を書けばいいの?って人のためのおススメの書き方

といっても、本読んで、何をブログに書くの?っていう人もいらっしゃると思うんで

私も実際にやってる書き方をご紹介します。本を単純にブログに丸写ししたら、それは単なる剽窃となってしまい、著作権の侵害になりますからね。

200字で本を要約する

まずは、本の内容を短くまとめていく方法です。

200字くらいで、本の概要をまとめると、細かなところは思い切って省かないと不可能です

全体の内容をざっと把握して、ツボを外さずに書いていくって

実は結構な作業なんですが、これを続けていくと

日常の話をコンパクトにまとめる力も付くので

普段「君は何が言いたいか分からない」と言われている人に

おススメな書き方だったりします。

本の内容に自分の経験を絡める

もう一つは、本の中で「これ面白いな」と思ったら、それを自分のエピソードに絡めて書いていく方法。

女の子に振られたシーンで、自分の振られエピソードを絡めたり

整理法のことを書いたら、自分の整理法はこうやってる、と書いたりする方法です。

本の内容あまり語らないじゃん?と言われるかもしれませんが

実はこれって知識の紐づけになるので、思い出すのに案外役に立つんです。

またこういう文章を書くのって、頭の中の思わぬ知識と本の知識がドッキングして

もっと変わった面白い変化をするので、割とおススメなんです。

マニアックに徹底的に掘り下げる

最後は「マニアックに掘り下げる」

面白いなと思った所を自分でトコトン掘っていくやり方です。

私だと、昭和天皇が大好きで、一時そのエピソードばかりをひたすら集めた時期がありました。

ノートに書くと、ぐちゃぐちゃになっちゃいますが

ブログだと、何回も追記を繰り返していけるので、

長い時間をかけてコツコツとワンテーマを掘りながら、文章をまとめていくことが出来ます。

やってくうちに、書いた知識がガンガン頭に入るので、この方法もおススメです。

【参考記事】

新聞のコラムを書き写してたら、勉強しなくても好成績が取れた件
国語の勉強の仕方が分からないなら、毎日、新聞1面にあるコラムを写しなさい。私は中学校時代、これ以外まともに国語を勉強したことはありませんでしたが、ずーーーーっと学年トップクラスを張ってました。
国語の読解問題を解く「基本のキ」
国語の読解問題って苦手な人、意外に多いですよね。もしあなたが、全然解き方が分からないなら、一回私の方法を試してください。おそらく、随分と解きやすくなってビックリするとおもいます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったらTwitterリツイートやシェアボタンでの応援よろしくお願いいたします。

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
勉強のコツ
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて

コメント

タイトルとURLをコピーしました