ブログサークルを活用したら、1か月でアクセスが3倍に増えた件

雑談
ブログサークルのPCトップページ

この記事では、SNSサイト『ブログサークル』を一か月やってみたら、ブログアクセスが3倍に増えた話と、そのやり方を書いていきます。

ブログを書いてる人って、多かれ少なかれ人に何かを伝えたい、って気持ちがあると思うんです。だから、アクセスが増えるとやっぱりモチベーションも上がるし、楽しいですよね。

SEOっていうんですか、そういったテクニックを使わずにもっとアクセスを増やしたいという方に役立つと思います。

アクセス数が5000超えない…

私自身、ブログ自体を始めたのは10年以上前。今のドメインでやっているのは2年ほどです。

モノを書くのが好きで仕方がないので、今のブログでも300本以上は記事を書いているのですが、バズったこと一回もなかったです。アクセスも月5千くらいから伸びも止まりました。

何で伸びないんだろ?とあれこれ考えたのですが、SEOとかのテクニック知りませんし、なんか胡散臭いなと…。

そうやっているうちに、昔自分のブログを登録していたブログサークルというSNSを思い出してログインしてみたんです。

ブログサークルとは?

ブログサークル、と聞いてピンと来ない方もいると思います。

これは、自分のブログを登録して、登録者同士が自分のブログを見せっこできるようにしたSNS(ソーシャルネットワークサービス)です。

普通SNSはフェイスブックやインスタグラムのように、SNS内の投稿でコミュニケーションを取るのですが、これはブログ投稿のリンクをサイト内に投稿でき、そこでコメントを付けたりいいね!ボタンを押したりしてコミュニケーションを取るというちょっと変わったスタイルを取っています。

ブログサークルのPCトップページ

 

まぁ、大概の人が登録して更新情報を自動的にブログサークルに送る手続きまではするのですが、他の人のブログを見ている人、ましてコメントを寄せる人って結構珍しい。

登録者に読者としてメッセージ送ったら、こっちのブログも読んでくれた

これはサイトの概念の分かりにくさなんかもあるとは思うのですが、自分のブログをもっと読んで欲しい、という人は割合は少ないですが結構います。

アクセスアップ、といったコミュニティには比較的そういう人が集まって、メッセージをやり取りしている。

1か月前くらいから、そんな人のブログを読んで、感想書いたり、はてなブックマークを付けたりして読者として応援することにしました。

基本、ブログの種類は問わず、片っ端から読んでみて感想を書く。

猫好きのひとや、家族の近況を書く人、競馬やモータースポーツ、期間工の待遇や美味しいお店とジャンルはバラバラですがそれこそいろんな人のサイトに足を運び、応援をしまくりました。

そうすると、すごく喜んでくれる。

そのうちの何人かは「お返し」でランキング応援やはてなブックマークも付けてくれるし、感想も書いてくれました。Twitterでリンク張ってくれたりする人もいました。

そうやっていくうちに…

そしてこのコロナ騒ぎで休校になった辺りからアクセス数が倍増。

昨日投稿した記事は2日で360アクセスと「とんでもない」レベルで増えて驚きましたね。

「あ、これは営業と同じだな!」

私、営業の仕事もやっているのですが、その仕事の基本は「ものでなく自分を売り込む」です。

まず、一読者としてブロガーのみなさんに接し、感想とランキング応援という行動を通して読者として仲間になる。そのうちに運が良ければ自分の読者にもなってくれる。

ただ、記事投稿を自動反映させるだけでは、無数の投稿の中のひとつにすぎない。

それを読んでもらうために、他の人の記事をよんで参考にさせてもらう、良かったら自分のブログに来ていただくといった感じです。

そして、「お返し」があった人は、まめにブログを読んで、一言でもいいから感想を書いたり、応援をする。

やらずぶったくりではなく、お互いの投稿を楽しむつもりで活動を続けたら、ブログ自体の知名度もちょっと認知してもらえて、結果アクセスアップにつながりました。

アクセス数を増やすためのブログサークル活用法まとめ

最後にこの方法のまとめを書きます。

①ブログサークルを使って、読んで欲しい人がいそうなコミュニティに入る

②積極的に相手ブログを読み、コメントやいいね、ランキングやはてブで応援する

③そうすると、たまにお返しが来る。お返しが来た人はフォローして、継続的にお付き合いする

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました