人に話したくなる歴史の小ネタ

スポンサーリンク
人に話したくなる歴史の小ネタ

今も続く皇居勤労奉仕の原点は終戦直後…昭和天皇をなぐさめた「みくに奉仕団」

昭和天皇が大好きと公言するブログ主。Twitter (の方が通りがいいので)で 「そういえば、『皇居勤労奉仕の始まり』って需要あります?」と投稿したら、「ぜひお願いします」というありがたい言葉を頂戴しました。 皇居は今でも、全国から清掃奉仕...
人に話したくなる歴史の小ネタ

基本を知ると面白い資本主義、共産主義、ファシズム、ナチズムの流れ超入門

Twitterで、資本主義と共産主義、ファシズムやナチズムの流れを書いたら結構好評だったので 誰でもサクッと読めて、ざっくり流れがつかめる記事を書いてみようと思い立ちました。 ホント、超ざっくりですが読んで得した!と思わせる記事を目指します...
YouTubeチャンネル

山田五郎「オトナの教養講座」新アシスタントで再スタート!第一弾は「ザビエル」

YouTubeチャンネル開設以来、私がずっとひいきにしてるのが「山田五郎オトナの教養講座」です。 ところが、開設2年を迎えるチャンネルに大激震が走りました。 【悲報】初代アシスタントワダさん、ご卒業!!【驚愕】 それは…このチャンネルの立ち...
人に話したくなる歴史の小ネタ

大人の社会科見学~群馬県安中市「碓氷関所跡」に行ってみた!

今朝、夢うつつの中で祖父の事を思い出しました 「コロナで、ずっと墓参りに行けてないな…そうだ今日行こう!」 …そんなわけで、相棒初代ミラジーノに乗り、群馬県安中市のお墓参りを済ませたのが朝の9時。 親戚の家にいきなり乗り込んでいっても、迷惑...
人に話したくなる歴史の小ネタ

大人の社会科見学!埼玉県比企郡吉見町「吉見百穴」に行ってみた

連休も半ばを過ぎて、私、どこかに出かける当てもなかったんです。 そこで、こんな時こそ地元を歩き回ってみようと思い立ち、埼玉県比企郡吉見町にある「吉見百穴」に行ってみることにしました。 昔両親と暮らしてた時に、北本市から関越自動車道の東松山イ...
人に話したくなる歴史の小ネタ

発生から60年~「戦後最大の誘拐事件」吉展ちゃん誘拐事件を追想する

「吉展ちゃん誘拐事件」発生から2023年3月31日で60年を迎えました。 当時は、「戦後最大の誘拐事件」として世の中がひっくり返るような大騒ぎになったこの事件も 歴史の一部として色あせつつあります。そこで、今回は当時の動きを振り返りながらこ...
昭和天皇

昭和天皇とテレビ番組の話~どんな番組を、どうやって見ていたのか?

この記事では、昭和天皇とテレビ番組の付き合い方を、当時の側近の書き残した証言を中心にご紹介します。 昭和天皇は生前、試聴するテレビ番組を記者会見で尋ねられて 「テレビは色々見てはいますが、放送会社の競争がはなはだしいので、どの番組を見ている...
マンガ

「決断」が日本とトルコを結び付けた~日本人必読の短編マンガ

ロシアとウクライナの戦争(とあえて言うけど)は予断を許さない状況です。 ウクライナはロシア軍に対して主導権を握っていますが、ロシアもしぶとくて困ったものだと考えてしまいます。 キッシーが、ウクライナ訪問をするそうですが「お土産」の一つでも持...
昭和天皇

昭和天皇と御製~31文字に秘められたエピソード

この記事では、昭和天皇と御製(和歌)にまつわるアレコレをまとめていきます。 短歌の心得のないブログ主ですが、以前購入した「天皇さまの還暦」(入江相政著)などの資料から 御製に込められたエピソードを掘っていこうかなと思っています。 「自分の短...
人に話したくなる歴史の小ネタ

「おい!飯を食ったか!?」田中角栄の飯エピソード集

この記事では、昭和の政治家田中角栄の食にまつわる 「超」個性的なエピソードを紹介します。 昭和の高度経済成長期を後押しすべく、官僚をうならせる斬新なアイデアと人を引き付ける抜群の弁舌 強烈な行動力で一時代を築いた「コンピューター付きブルドー...
人に話したくなる歴史の小ネタ

田中角栄の「羊かんスピーチ」を読みなおす

私、Twitterも遊びでやっておりますが、昔読んだ本で、田中角栄がスピーチした 「羊かんの切り方に例えた、共産主義と資本主義の違い」をつぶやいたところ、 3.3万イイねという、私の投稿でもトップクラスにバズってしまい、 挙句、Twitte...
小ネタの元ネタ

最後の著作に取り組む昭和天皇が魅力的『吹上の季節』

世間では勤労感謝の日ですが、私自身はヘトヘトでどーも具合が良くないです。 最近、特に雨の日には鬱々とした気持ちが強く出るようになってきました。 こんな日は静かに体を休めるに限ります。人と会っても不愉快にさせるばかりだしね。 先日『ドリフター...
人に話したくなる歴史の小ネタ

有為の若者が旅立った地で平和に思いを馳せる…桶川飛行学校平和祈念館を見学

今日は振替休日となってしまい、仕事を忘れて何か没頭したいので、 市内にある「桶川飛行学校平和祈念館」を訪ねました。 桶川市と川島町の境にかかる太郎右衛門橋の手前、東武バスの桶川駅発川越駅ゆきの 「柏原」のあたりで、右斜め方向に道を入ります。...
人に話したくなる歴史の小ネタ

昭島市が発行した『八高線衝突事故』の冊子を買いに行く

昨日一日は、精も根も尽き果てていたのですが 今日は何とか動けそう。そこで、一昨日から存在が気になっていた 八高線衝突事故の資料を買いに、東京都昭島市まで車を走らせました。 八高線多摩川橋梁衝突事故とこの冊子の関係 と、言ってもよほど鉄道事故...
人に話したくなる歴史の小ネタ

運動もかねて「さきたま古墳群」をブラブラしてみた

埼玉県行田市には「さきたま古墳群」と呼ばれる大型古墳のメッカみたいなところがあります。 今日は振替休日を利用して、ブラブラしてみようと出かけてみました。 結構デカいはずなのに…小さいらしい、愛宕山古墳 まずは駐車場を出て、さきたま史跡の博物...
小ネタの元ネタ

昭和天皇のお財布事情が超面白い…奥野修司『皇室財産』

先週は奥野修司の『皇室財産』という本を読んでいました。 この本は、極秘資料として残されていた戦前、戦後の予算資料を読み解いて、 昭和天皇の時代の皇室の財産がどうなっていたか?ということを読み解いた、他にちょっとない一冊です。 私はこのブログ...
人に話したくなる歴史の小ネタ

聞き取りだから読みやすい『母宮 貞明皇后とその時代』

本日は、振替休日。 といっても、性格なんだかゆっくり体を休めるなんて気にもとてもなれないので、図書館から借りてきた工藤美代子さんの『母宮 貞明皇后とその時代』を読み進めています。 いきなり、貞明皇后(1884~1951)と言ってピンとくる人...
皇室のこぼれ話

本格的に上皇・上皇后陛下関連の書籍を読み始める

ブログの記事を執筆し、Twitterで反響をうかがうと 「あなたのブログで昭和天皇という人物がとてもよく理解できた」という声が 存外に多くて、嬉しいです。 その一方で「上皇陛下や上皇后陛下、今の天皇皇后両陛下もぜひ、エピソードを書いてほしい...
皇室のこぼれ話

みんなを見守る日本のお父さん、上皇陛下のほっこりエピソード集

平成時代に天皇として務めを果たした上皇陛下 ニコニコしたお姿や、被災地でみんなを慰める姿をご記憶の方が多いでしょう。 ここでは、割と知られていない、天皇としての功績 また、人間的なエピソードを中心に取り上げてみます。 いきなり頭を坊主にされ...
人に話したくなる歴史の小ネタ

明治・大正・昭和~立憲君主時代の天皇エピソードまとめ

この記事では、明治・大正・昭和の3天皇のエピソード記事をまとめて紹介します。 近代国家の立憲君主時代の3天皇ですが、個性は三者三様で、実に面白いです。 また、私自身色んな文献を読んでは新しいエピソードを発掘しているので 各記事は常に加筆修正...
スポンサーリンク