DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる (section 26編)

DUO3.0英文解説

section 26 の解説をやっていきましょう。

305. The motel can accommodate as many as 400 guests.

日本でモーテルというと、ラブホのイメージがあるためにちょっといかがわしい感じがしますが、どちらかというと素泊まりの宿的なイメージです。

私はモーテルというと、『ターミネーター』のティキ・モーテルのイメージがありますね。

映画をよく見るとキッチンとかシャワールームがあったりとかなりアパートっぽい素っ気ない部屋でした。ドアは通り沿いに付いてて、目の前に駐車場があるという構造でした。

自動車での旅が多いアメリカでは一般的に利用されています。そのため立地は郊外が多く、ホテルよりは価格は安めに設定されています。

as 〜 as は比較の原級と呼ばれる表現。

This book is as good as that one.

「この本はあの本と同じくらいいい」という風に=(イコール)のイメージがあります。

コレが一歩進むと程度や数量が「すごい」というニュアンスが入ります。

The motel can accommodate 400 guests.

だと「400人泊められる」で終わりますが…採録されてる英文

The motel can accommodate as many as 400 guests.

だと「400人泊められる(ドヤっ)」というニュアンスになりますね。

308. That restaurant is always packed. We’d better make a reservation beforehand.

よく言われるのは had better は上から目線をバリバリ漂わせるので、目上やプライドが高い人にはあまり使わない方がいい、ということです。

もし、「予約を入れといた方がいいね」くらいなら

Why don’t you make a reservation beforehand ?

なんかがいいかも知れません。

313. On encountering the celebrity, they asked for his autograph.

on 〜ing は「〜したらすぐ、〜するや否や」という意味を持ちます。

似た表現にin 〜ing がありますが、コレは「〜する時は」「〜している時に」という意味があります。

In making a decision, I rely not on logic but on instinct. (DUOの83番目の例文)

決断をするとき、私は論理ではなく本能を頼りにします。

2つは似た表現ですが、理屈で覚えても中々呑み込めないことが多いので、例文を通して覚えるといいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました