糖質制限よりも、PFCバランスとカロリー制限の方が痩せた件

ダイエット

今日は年に一度の定期健診。

というか、いつもならもっと早いのですが、今年は例の流行り病で対応を迫られているうちに

総務の人から「早く行ってください」と催促を受けてこの季節までノビノビになってしまいました。

で、体重を調べたら

昨年70キロだったのが、なんと65キロに落ちてました。

測定していた方が「どんなことされたんですか~?」と驚いていましたよ。

実は、自分では体重計に乗っていなかったので、ここまで減っていることに気づいていませんでした。検診で体重を測ってみて初めて気づいた感じです。

私も「さぁ、なんででしょ?」と即答できず「外食減りましたらそのせいじゃないでしょうか?」

と答えたんですが、自分で後で「あ、あれだ」と気が付きました。

コロナで巣ごもりを強いられたとき、YouTubeチャンネル「マッスルグリル」を見まくって、

ジャガバードやら、マグマやらボルケーノやらといった

PFCバランスのとれた炊飯器クッキングをやりまくり、

試食を繰り返したことでした。

途中から糖質制限で中々痩せなくなった

私2、3年前に体重が80キロに迫るところまで行って、

あまり身体に良くないだろと思い、糖質制限ダイエットを始めました。

最初は、ホント面白いように体重が落ちるんですが、60キロ代後半くらいからは70キロ代を行ったり来たりで体重の低下が止まりました。

途中色々あったのですが、とにかく糖質制限ダイエット法は

やってるときに、炭水化物への欲求不満が強い。

急にラーメン二郎思い出したり、カレー喰いたいと思ったりしてました。

こんにゃく麺なんぞを食ったりして、なんとなく雰囲気を感じていたりしても、物足りなさを感じてしまいます。

あとね、やっぱり頭が働かない。

糖質が絶たれると人間の体はケトン体を生成して、脳の栄養に充てるというけど、

どうも、あたまがボンヤリしてしまう。

一時期、このブログでも糖質制限をガンガン取り上げた時期がありましたが、あの記事の時は調子はあんまりよくなかったです。

遊びで「マッスルグリル」真似てたら、勝手に体重が落ちてた

で、今年の3月ぐらいから、コロナ騒ぎで終業後がすっかり暇になり、

自炊をやることになりました。

最初は麻婆豆腐の素買って来て、豆腐と合わせるとか

そんなことから初めていたんですが、

ある時、何でも炊飯器にぶっこんで調理する「マッスルグリル」を見始めて

カンタンなんで、自分でも真似をしたら、結構上手くできるようになり…

週に4日ぐらいは炊飯器クッキングをする感じに。

特に「ジャガバード」なんかは簡易ポトフとして、我が家の定番となり、

ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、鶏むね肉の消費量がダダ上がりしました。

元々、このチャンネルのメニューって、フィジークの選手が減量期に食べるもの。

ただ、材料ぶっこんでスイッチオン!で出来上がるというお手軽さから真似をしていたんです。

だから、ダイエットではあまり使わない「筑前煮」とか、鶏肉を牛すじに変えた「すじジャガ」なんかも作って食べてました。

お酒も相変わらず飲んでましたしね。

ジャガバードでチューハイ飲むと、おなかも落ち着くし、結構満腹なんですよ。

だからてっきり体重が増えているかと思ってましたよ。

やっぱカロリー制限とPFCバランス管理って最高

マッスルグリルの料理って、オールインワンで

これだけ食ってりゃ、後はいらないというのが多い。

ズボラな私でも、比較的簡単にマネが出来て、結構な満腹感もある。

糖質制限って、食べていいんだよ、って言われても米やいも、麺なんかはアウトじゃない?

PFCバランスって調理を気をつけてればものすごく食べ物にたいするストレスが少ないと思う。ご飯食べたいとか、麺食べたいとか感じなかったんですよ。ジャガバードや沼なんかを食べてるときって。

痩せたかったら、マッスルグリルの減量食シリーズ超おススメです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました