第一作の渋さがたまらない『必殺仕掛人』を堪能

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

慌ただしかった年末の仕事も終わり、気が緩んだかちょっと鼻かぜ気味のブログ主です。

年賀状作りも済んで、とりあえず体を休めることに専念しております。

そんなわけでなんとなく契約したAmazonプライムで、興味のある映画やテレビ番組を見まくっております。

スポンサーリンク

必殺仕掛人が見たくて、ABCオンデマンドに加入

先日なんの気なしに『必殺仕掛人』と検索してみました。

最近はすっかりジャニーズ事務所の学芸会と化した感のある『必殺シリーズ』ではありますが、私の好みはハードボイルドな作風と、尋常じゃない悪役のえぐさがたまらない「初期必殺」のファンです。

特に『必殺仕置人』『新・必殺仕置人』はDVDボックスを買って見まくるほどハマりにハマっていました。

念仏の鉄を演じる山崎努の演技がたまらなくいいんですよね。

そのうち、私の「必殺ブーム」が冷めて、Amazonプライムを見るようになり…なんかないかなと思って検索したのが、必殺仕掛人(以下仕掛人)。

実は、まだ見てなかったな…と。

興味がないわけじゃなかったんですが、なぜか今まで見る機会がなくて。たまに思い出すんですが、近所のGEOにもないし…そんなわけで、ずー--っと先送りしていたんですよ。

そしたら、プライムビデオに、さらにABCオンデマンドに入ると見放題になる、という。

考えたら、追加料金399円で必殺見放題ってのはレンタルよりもお得なんで、いい機会なんで登録して見始めることになりました。

【参考】

「ABCオンデマンド」無料お試しの登録・申し込み方法(Amazon Prime Videoチャンネル) | 面倒な録画をやめたいなら動画配信サービス(VOD)
Amazon Prime Videoチャンネル「ABCオンデマンド」の加入条件や料金、無料体験の注意点、具体的な登録方法(申し込み手順)、無料お試しの解約を詳しく解説します。

必殺仕掛人とは、こんな時代劇

必殺シリーズ第一作の仕掛人は、池波正太郎原作の『仕掛人・藤枝梅安』をドラマ化したもの。

といっても、小説とは設定がかなり異なります。

まず、登場人物が違っていて、梅安の仲間というと

原作は、房楊枝づくりの職人彦次郎と、浪人小杉十五郎なんですが

ドラマ版は音羽の半右衛門という元締めと、西村左内という浪人になっています。

左から音羽屋半右衛門(山村聰)、藤枝梅安(緒形拳)、西村左内(林与一)…男くさい雰囲気がたまらん!!

これは、制作当時の『仕掛人~』がまだ連載開始から日が浅く、レギュラーの登場人物も足りなかったために、同じく池波正太郎の『殺しの掟』という短編から、半右衛門と西村左内を持ってきたという事情のようです。

そして、後のシリーズの元締めは仕事を直接行わないケースがほとんどになりますが、この仕掛人は時折自らも人を仕掛ける場合があります。

また『仕掛人 藤枝梅安』はその後何度も忠実な映像化がされていますが、こちらは必殺シリーズ第一作ということで、原作と別の作品と考えた方が

原作ファンはストレスを感じないで済むんじゃないかと思います。

必殺仕掛人の感想

今、少しずつ見ているんですが、のちの様式美に昇華していくシリーズと違って、ハードボイルドな雰囲気とデフォルメの極端に少ない感じがいい。

また、グルメで女好きな梅安を演じる緒形拳が、ひょうきんな表の顔から一転、ギラっと見せる怖さがなんとも言えないです。

音羽屋半右衛門の山村聰さん、これが虫も殺さないような穏やかな顔をしているのに、殺し屋の元締めで、

林与一さん演じる西村左内も、妻子を大事にする家庭的な人物なのに、仕掛人になるまでに3人辻斬りで人を手にかけている…など

「仕掛人」の表と裏のギャップをさらに際立たせることになっています。

また、のちの必殺シリーズみたいに超人的でないところも面白い。今第4話まで一気に見て、これから続きを見ようかと思っております。

今の時代劇って物足りない、という方に特におすすめです。見たい方はぜひ↓から。

【この記事に興味のある方はこちらもぜひ!!】

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
雑談
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました