高学歴芸人ロザンが教える「使えるノート術、暗記術」

勉強のコツ

この記事は、2020年7月23日にTBSラジオで放送された『相羽あいなの大こ~かいRaDIO』のゲストコーナーで

高学歴芸人「ロザン」の2人が話した

ノート術と暗記法について書いていきます。

私の学生時代にもいたのですが、きれいにノートを書いているのに成績はサッパリ…という人いますよね。

また、暗記が苦手…という人も決して少なくないはずです。

でも、できる人からすると、それは「やり方」が違うかも…

ノートの取り方、暗記の仕方でお悩みの方、必読です。

最低なノートの取り方

まず、相羽さんが2人に尋ねたのは「授業中のノートの取り方」。

相羽さんは、板書をシャーペンで薄く書き、

「重要な部分」には👉のマークなんか使っちゃったりして、色ペンを使ってカラフルにノートを作った。

人に見せても「きれいなノートだね」と言われたいと。

菅さんが「そのノート、もう一度見た?」と質問すると

「見てない」との返答。

そこで、宇治原さんから「それは最低のノートの取り方だよ」とのツッコミが。

そもそもノートは何のために取るのか?

宇治原さん曰く、「授業中は先生の話に集中する」のが基本。

そして、ノートは板書丸写しではない。

すでに知っている知識、教科書に載っている内容は書く必要がない、と。

大事なのは、自分がよく分かっていないところ。これは、板書を書くだけでは不十分。

先生が口で説明しているだけのものでも、ポイントをつなぐ重要な話はあるので、

そこは逃さずメモする、とのこと。

ノートはそもそも何が目的か、というと

「授業で先生、あの時なんて説明していたかな?」ということを思い出すためのツール。

ノートを見返して授業の内容が分からないのでは、いくらキレイでも意味がない。「最低のノート」という言葉の真意はここにあります。

そして、授業の内容を理解するヒントになるのは「説明だけで済ませている部分」にあることが多いということでした。

そして、そのために練習することがあるならば、

「出来るだけ早く、きれいに文字を書く練習を。早い方が有利」とのことでした。

情報量が多い方が覚えやすい!

続いて相羽さんが相談したのが、暗記の方法。

英単語やフランス語などで「知っているけれど意味が分からない」とか、記憶が不完全で上手く覚えられない!という悩みを披露。

これに関して大事な事は

菅さんは「歴史は単語でなく、流れで覚える」

流れ、というのは、信長ー秀吉ー家康と覚えるのではなく

本能寺の変の後、信長に代わって天下統一をしたのは、家臣の秀吉で

彼の死後、家康が江戸幕府を開いた、と覚える方が楽だと。

また宇治原さんは「覚える時は情報量が多い方が覚えやすい」

とほぼ同じ答え。

なぜなら、人間は「意味のないことを覚える」のは苦手だから。

色々な情報が絡んでいるものはストーリーがあるので、大変そうに見えて実は楽。

だから、英語なら ” speak-spoke-spoken ” と動詞の変化だけをおぼえるのではなく、

I speak Japanese.と現在形で英作してみて覚える、次は過去形の spoke を使った英文を、というように関連付けて覚えるといい。

また、古典だったら、単語のみを覚えてしまうよりも、古典の本文を覚えた方が、一見大変そうだが早い!

ここまで聞いた相羽さんがポツリとつぶやいた

「近道のつもりでやってた暗記って、めっちゃ遠回りだったんですね…」って言葉。

ホント、実感こもってたなぁ…

最後に…ロザンの発言まとめ

ノート編

・ノートは「授業で言ってたことを思い出すため」に書くもの。

・まずは授業に集中する

・板書は全部書かなくてよい。分からないところを集中して書く。

・板書だけでなく、板書のつながりを補うためにする「先生の説明」をメモする。

暗記編

・年号だけ、用語だけ、単語だけみたいな「パーツだけ」を暗記するのは大変。

・歴史は「流れをつかむ」

・英単語は英文ごと覚える。古典は古文単語だけでなく、古典の本文を覚える。

・情報量の多いものの方が大変そうに見えて、実は覚えるのが楽。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったらコメントや下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました