読書について

読書について

放っておけばドンドンたまる!積ん読した本を消化するノウハウ

お金はないが本は毎日溜まります。そんな時はこんな感じで処理しています
読書メモ

あの人にもう一度会いたくて…『三瓶明雄の知恵』を読む

定期的に古本屋に入り浸っていると、こういう本に出くわすこともあります。昔実家でよく見てた『DASH村』が懐かしくて、故・三瓶明雄さんが書いた『三瓶明雄の知恵』を読んでみました。

読書メモ

全編大爆笑!茸本朗『野食ハンターの七転八倒日記』

茸本朗さんの『野食ハンター七転八倒日記』を読みました。単なる野生の生き物、植物を食べて面白おかしく顛末を語る本、としてだけでなく環境問題や食糧問題なんかにも、奇手と思われるかも知れませんが、参考になる本だと思います。本音を言うと、食べたい!以上!!
マネー

上念司『誰も教えてくれなかった金持ちになるための濃ゆい理論』はビンボー人ほど読む価値あり

上念司『誰も教えてくれなかった金持ちになるための濃ゆい理論』を読了。金持ちになる、かどうかは分からないけど、ビンボー人でも読んで役に立つ知識が満載なんで、人生のトラップ除けのためにおススメします。
読書メモ

『ある通商国家の興亡』を読んで考えたこと

今、森本哲郎の『ある通商国家の興亡』を読み直しています。30年前にバブルに浮かれた日本への警告の書として生まれたこの本も、今となるとお隣のあの国への警告の書になったのでは、と思う今日この頃です。
英語

『英語達人列伝』は変な人ばかりで面白い!

斎藤兆史さんの「英語達人列伝」を読み直して、たるんだ自分の根性を叩き直しています。英語のところ以外でも面白いエピソードが満載なので、おススメです!
読書メモ

佐藤優入門に最適な電子書籍見つけた!!

Kindle版のみ、ちょっと古い本ですが、佐藤優という人間を知るのに最適な一冊を見つけました。個人的には、高校時代の親友、豊島昭彦さんのエピソードが良かったです。
読書メモ

小さなイモの大きなドラマ~伊藤章治『ジャガイモの世界史』を読む

伊藤章治『ジャガイモの世界史』は、新大陸からもたらされたジャガイモがいかに世界の歴史に影響を与えたかを楽しく書いた一冊です。面白エピソードが満載なので、そのホンの一部を紹介してみました。
歴史

どこまで分かった?「切り裂きジャック」の真実

世界でおそらく一番最初の劇場型事件「切り裂きジャック連続殺人事件」テレビでも忘れた頃に新説が出てきますが、実在のところどうなのか?を書いてみました。
読書メモ

怪物の正体を読み解く〜『肉声 宮﨑勤30年目の取調室』

安永英樹さんの『肉声〜宮﨑勤30年目の取調室』を読みながら、当時何があったのかを今中年の私が読んでみました。
タイトルとURLをコピーしました