音読500回プロジェクトリターンズ

スポンサーリンク
音読500回プロジェクトリターンズ

「手を使って熟読」音読筆写はスゴい!

昨日は、東京オリンピックの開会式を冷やかしで見ていたら、最後まで夢中になって見てしまったブログ主。 夜はさっさと手じまいして、朝5時の散歩を目指しておりましたが、目が覚めたら朝の7時半。日はスッカリ昇ってしまい、涼しい中散歩といかなく...
音読500回プロジェクトリターンズ

音読にマンネリを感じたら○○○○を変えてみろ!

只管朗読最大の障害は「単調さ」。意味の分かった英文をひたすら音読して回数を重ねるというのは、想像するだけでも退屈だと思うかもしれませんが、全くその通り!特に一番強く感じるのが、100回くらいの頃なんです。一通りスムーズに音読できてから起こる、マンネリ感を打破する方法を考えます。
音読500回プロジェクトリターンズ

英語教科書の音読がはかどる姿勢は?

今年から変わった中学校教科書をひたすら音読(只管朗読)してみよう、と音読を続けています。 先日音読がようやく100回を超えました。地道に音読を続けて気が付いたのですが、 音読の時、何気なくテキストから目が離れても、内容を...
音読500回プロジェクトリターンズ

今さらcan’t と cannot の使い分けに気づく

助動詞の can なんて楽勝!と思っていたら、意外と深くて面白い。教科書のリーディングパートが can't を使わず cannot で統一されていたので、調べてみたら今まで自分が知らないことが結構サルベージできました。やっぱり教科書はよくできているものだ、と改めて思った次第です。
音読500回プロジェクトリターンズ

只管朗読を続けるコツ~音読を習慣化する

只管朗読は淡々と長く続けることがポイントなんで、自分の使いやすいように工夫することも大切です。英文の量はどうしても一定量とはいえないものでも、なんとか実情に照らして、負担を感じずに毎日続ける工夫をあれこれ書いてみました。
音読500回プロジェクトリターンズ

教科書の音読、75回を超えた!

英語教科書の音読回数がやっと75回を超えました。まだまだ先は長いですが、この間の変化を記録のために記事にしてみました。ご参考になれば幸いです。
音読500回プロジェクトリターンズ

音読に飽きたら「歩きながら音読」がおススメ

音読はいつでもどこでも出来る基本トレーニングですが、単調で飽きやすいのが弱点。そこで、私が実践している歩きながら音読をご紹介します。
音読500回プロジェクトリターンズ

中学校レベルの英文でも、深く掘ると結構奥深い!

音読を続けていくと、その都度疑問点が現れます。気になった場所は、必ずメモして調べて、書き込みを入れて音読にフィードバック。コレを繰り返して、シンプルな英文にニュアンスの違いまで掘り込んだイメージを作り上げ、音読で身体に刻み込んでいきます。
音読500回プロジェクトリターンズ

音読4周目に突入。疑問はそのつど参考書や辞書に当たる!

中3英語の教科書音読、4周目に突入しました。そろそろ、細かなニュアンスの違いが気になりだしてきています。こういう時には、メモを取って疑問点を潰すことが大事です。昔と比べて、ネットなどの情報もありますが、一応、文法の参考書や辞書も当たり、「英語の全体像」をつかむつもりで、考えるように心がけています。
音読500回プロジェクトリターンズ

英語版『かわいそうなぞう』の矛盾が気になる

英語教科書を500回音読してみようという壮大なムダ企画をしていたら、教科書の内容に「あれれ?」と思う内容が出てきてしまって困っています。「見てきたかのような嘘をつく」と評判の仕事についていますが、事実と違うと抵抗を感じるのが私という人間でして…ちょっと困惑しております。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました